三角の距離は限りないゼロ 4 電撃文庫

岬鷺宮

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784049128000
ISBN 10 : 4049128004
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
Hiten ,  
追加情報
:
269p;15

内容詳細

一人の中にいる二人の少女、「秋玻」と「春珂」。二重人格の彼女たちと触れ合ううち、僕らの中で始まった恋は―ある日、唐突に終わりを迎える。そして…。―そして彼は、変わってしまった。だから、わたしは、わたしたちは動き出す。出会った頃の「彼」をもう一度、取り戻すために。すれ違いの修学旅行のなかで、わたしたちは彼を、矢野くんを、わたしたちの想い人を、追いかける。そう…たとえ、わたしたちがもう、恋人でないとしても。わたしとわたしと彼が紡ぐ、切なく愛しい、三角関係恋物語。「このライトノベルがすごい!2019」(宝島社刊)文庫新作部門第3位。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    秋玻と別れてからすっかりらしさを失ってしまった矢野。そんな中迎えた修学旅行で彼を取り戻すため、秋玻と春珂が決意を固める第四弾。これまで知り合ってきたキャラたちも交えた修学旅行は、最初秋玻や春珂の思うようにはいかず若干空回り気味でしたけど「読者と主人公と二人のこれから」の二人がいい感じに効いてましたね。仲間に背中を押されて向かった思い出の場所。そこで明かされた矢野の複雑な想いに覚悟を見せたことで停滞していた関係を変えられるのか。これからもまだいろいろありそうですが、今後の展開が改めて楽しみになってきました。

  • むっきゅー さん

    物語全体のうち、前半と後半の橋渡しのような回。前巻最後に秋玻から別れを告げられた矢野が魂が抜けたような状態になり、それを治そうと春珂と秋玻が関西での修学旅行で頑張る。周りのみんなは事情を知らないので、秋玻たちの思いを余所に振り回す展開にイライラさせられたが、最後はみんな協力的になったのがよかった。次巻からは後半戦で、いよいよ物語の核心にせまるようで楽しみです。

  • 中性色 さん

    グレースケール。今回はあとがきにもあるようにつなぎの巻ともいえるか、今回はヒロイン側の描写が多めだったからか普段と雰囲気違うな。一応旧キャラも含めていろいろいるんだけどそのせいか唐突なOmochiさんに違和感というか。いや、前からいたけども一人だけ完全に横文字だし

  • サン さん

    シリーズ四冊目。修学旅行編。前巻のあとから矢野の様子がおかしくなった理由を探ろうとするはるかとあきは。結構2人が身勝手だった。

  • 真白優樹 さん

    秋玻との別れ以来自分が分からなくなった矢野が抜け殻のようになる中、修学旅行の中で秋玻と春珂が彼を取り戻すべく奔走する今巻。―――もう一度見てほしい、変わらぬ二人を。だから今、この手を。 唐突に切れた関係は予期せぬ波紋を齎し、相手の事を考えぬ打ち切りは全ての歯車を狂わせる。一度壊してしまったものをもう一度始める為、壊した者達が手を伸ばす今巻。痛く苦く、だけど確かにそこにある純粋な気持ちが心に痛くも瑞々しい。ようやくの再始動、結んだ取引関係。果たしてこの三角形はどうなるのか。 次巻も勿論楽しみである。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岬鷺宮

第19回電撃小説大賞でデビューした作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品