愛のことば 岩波文庫から 岩波文庫

岩波書店

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784003500088
ISBN 10 : 4003500083
フォーマット
出版社
発行年月
1989年11月
日本
追加情報
:
15cm,155,44p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちさと さん

    愛したことがある人は愛をことばにする難しさを知っている。一言では言い表せない愛をめぐることば250句を、今まで刊行された岩波文庫の中から抜粋した1冊。うっとり耳に心地よいことば、ぐさっと真相心理をついたことばなど本当に様々。さすが厳選されただけあってアインシュタインの「恋に落ちるのは重力のせいではない」みたいなのは無かったです。ほくほく暖かくなるような愛のことばを心のなかに持っていたいですね。

  • スプーン さん

    岩波編集の名言集。他者の「愛の苦しみ・悩み」を見るは、秘めたる喜びである。古今東西から選ばれているが、シェイクスピアは別格。

  • ふくまる さん

    各種岩波文庫本から、恋愛に関する名言の抄録といった感じ。各文章から感じることは人それぞれだと思うので特別言及しない。ただ、読後感はとても良い。今まで色々読書してきたつもりだったけど、これまでどれほど狭い世界の中にいたんだろうというぐらいの宝物が数々散りばめられていた。この本を読んで、これからもっと自分の世界を広げていきたいと思ったと同時に、読書するということがもっと好きになった…。一番共感できたのは117番、太宰治『斜陽』からの抜粋。『斜陽』は私と太宰治を出会わせてくれた本なのでなんだか感慨深い。

  • うえ さん

    古典と言ったら岩波文庫みんな大好き岩波文庫、から厳選された250の「愛のことば」。言い得て妙だなと思ったり全く共感できなかったり、自分の価値観が洗い出されてしまった。あと少なからず意味不明なものも(文脈を追わずとも理解できると前言したのは嘘だったのか)愛に溢れていて読んでいて心地よいばかりではなく、理性の塊で心臓を射抜くような言葉にはたじろぐばかり…。「理屈じゃない」と逃げの一手を打ったので今回は引き分けといったところ。したり顔で語ってくる人があれば「恋愛はチャンスではなく意思である!」と叫んでみたい。

  • たまきら さん

    図書館放出本。名言集なので、どこからでもぱっと開けられるところがいいです。ラブレターに不可欠な一冊ですね!…まあ、最近書いてないけど…旦那さんの机に付箋入りでおいておこうかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

その他 に関連する商品情報

おすすめの商品