わたしのこだわり 仕事・モノ・コト・人生の流儀

岩波書店

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784000257718
ISBN 10 : 4000257714
フォーマット
出版社
発行年月
2010年04月
日本
追加情報
:
19cm,187p

内容詳細

吉村昭・赤川次郎・斎藤美奈子・粟津則雄・川本三郎・長尾眞…。各界で活躍する書き手が、真面目に、あるいは面白可笑しく、時にしんみり披露する、それぞれの「こだわり」。個性的な生き方を支える秘密がここに。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ophiuchi さん

    書名のテーマで書かれた30人のエッセイ。「こだわらないことがこだわり」というようなフレーズが何度も出てきて面白かった。川本三郎のこの文章を読むのは2回めだが、最後の一言できれいにまとめる芸に、初読みの時と同じく感心した。安野光雅の「走れメロス」はわが家で交わした会話とかなりかぶっていた。

  • kaizen@名古屋de朝活読書会 さん

    雑誌:図書に掲載されていた著名人による随筆のまとめ。 赤川次郎のこだわり。 ワープロではなく,手書きで原稿を書く事。 そのほか,知っている人では, 赤瀬川源平 柳瀬尚紀 長尾真:情報科学事典 渡辺えり 安野光男 が書いている。

  • s さん

    色んな著名人のこだわりを覗くとともに、個性を楽しめる一冊。自分の事を描くのだからか、とても愛らしかったり面倒だったり、面白い。

  • イカ男 さん

    吉村昭と川本三郎の両氏のこだわりに共感を覚えた。吉村氏は出版社からの取材費受取を固辞し、赤川次郎氏は出版社にたかる体質が充満している。両者のこの姿勢のちがいが作品に現れているような気がする。

  • あきこ さん

    たくさんの人のこだわりが書かれていたが、私の記憶に残ったのは吉村昭のもの。彼の作品の印象とそのこだわりは一本筋が通っていて、私の中ですんなりつながった。彼のまじめな生き方が伝わってきて、亡くなってしまったことを残念に思った。現代にいて、古武士のようなそんな印象を得た。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品