月の満ち欠け 岩波文庫的

岩波書店編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784000014113
ISBN 10 : 4000014110
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
408p;15

内容詳細

あたしは、月のように死んで、生まれ変わる―この七歳の娘が、いまは亡き我が子?いまは亡き妻?いまは亡き恋人?そうでないなら、はたしてこの子は何者なのか?三人の男と一人の女の、三十余年におよぶ人生、その過ぎし日々が交錯し、幾重にも織り込まれてゆく、この数奇なる愛の軌跡。第157回直木賞受賞作。

【著者紹介】
佐藤正午 : 1955年8月25日、長崎県佐世保市生まれ。北海道大学文学部中退。1983年、『永遠の1/2』で第7回すばる文学賞を受賞。2015年『鳩の撃退法』(小学館、2014年)で第6回山田風太郎賞を受賞。2017年、『月の満ち欠け』で第157回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 相田うえお さん

    ★★★★☆19096 直木賞受賞作!凄い作品でした。人の生まれ変わり,転生を題材とした作品は幾つか読みましたが、その中でも本作品は凄いものを感じました。達人域です。巧みな構成の中、複雑奇怪な『輪廻転生瑠璃仕掛け』が章毎にどの様に繋がっていくのか、中毒的な快感を感じながら読了いたしました。特に期待のエンディングは身悶えしながらラスト数行で感情温度は沸点に達してしまいました。●いちご煮って作品内に出てきましたが、普通はジャムみたいにフルーツの苺を煮たものだと思うでしょ?ところが鮑と海胆の入った吸物だって。

  • ふう さん

    フィクションなのについ感情移入してしまい、作品としてのおもしろさと同時に切なさも感じてしまいました。『生まれ変わってもう一度あなたの前に現れるから、気づいてほしい』と思うほどの愛。でも、そんな前世の記憶を持って生まれた子たちが幸せに見えなくて、満たされない思いを抱えた女性の悲しみのリレーのようでした。そんな平凡な読み方は意味のないことなのでしょうが。 一番目の瑠璃と三角の会話、「一回殺したわね。」くらいの軽さが好きでしたが、本当はもっと悲しく重いものだったのですね。

  • つねじろう さん

    ジャケ買い。こういうセンスは好物。すごく読みやすいのになかなかその場に行けない相変わらずの文章。で読んでたら何とかなるかとついつい読んでしまう。その辺は上手。ビデオ屋とかTシャツとか情景や小物は具体的で像を結ぶのに登場人物の輪郭は見事にはっきりしない。そのもどかしさ。前の鳩のなんとかもそうだった。あれも記憶に鮮明に残ってるのはホットカーペットの描写くらい。直木賞らしいけど正直言って心は踊らない。純愛かなんか知らんけどそれを7歳の子に負わせるなよ。それって凄くヤボな感じじゃない?と頭の固い親父の想いでした。

  • 新右衛門 さん

    愛する人のために生まれ変わるというのは奇跡に違いない。だけど、運命の相手がそれに気づくのも並大抵のことではない■どんなに紛れていても、あなたをきっと探し出す。三角哲彦に再び会うため、瑠璃は子供の内側に宿る。そして奇跡は、妻子を失った小山内堅のもとにも……。「瑠璃も玻璃も照らせば光る」。美しいことわざを知られただけでも、読んでよかったと思う■時は行きつ戻りつしながらストーリーが進む。一方、歯車は見えないところでかみ合い、結末を導く。時計のように精密な物語だ。「岩波文庫的」の仕掛けにひっかかって正解だった。

  • ぷりけ さん

    単純に面白い。と単純に思える作品は意外と多くないが、今作はまさにそういう感想。奇妙な世界観を事も無げに淡々と書けてしまう凄さ、平易な文章なのに感じる文学性は、この作品が直木賞を取った当時読んだ『身の上話』同様、自分にはすごく好みでした。何が奇妙なのかはネタバレになるので書けませんが、このテーマも興味深い。どこまで本当の話なんだろう?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品