特攻 最後の伝言 100歳・98歳の兄弟が語る

岩井忠正

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309922096
ISBN 10 : 4309922090
フォーマット
出版社
発行年月
2020年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
168p;19

内容詳細

「今日もバカどもが自殺にやって来た」と米軍にからかわれた「特攻隊」に兄弟はなぜ志願したのか?

目次 : はじめに どんな時代でもハッキリ意見が言える人間に/ 甘く見た「新型コロナウイルス」/ 非常時における日本人/ 「大杉事件」の首謀者が訪ねてきた/ 「南京大虐殺」は本当だった/ 「満州事変」の真相/ 「私は、なんのために死ぬのか?」/ ずぶぬれの中で行なわれた「学徒出陣」/ 死ぬほど嫌だった軍事訓練/ やむなく特攻隊へ志願した2人〔ほか〕

【著者紹介】
岩井忠正 : 1920年熊本市生まれ。慶応義塾大学在学中に学徒出陣。特攻兵器「回天」と「伏龍」の2つの稀有な体験者。復員後、商社員を経て翻訳業

岩井忠熊 : 1922年熊本市生まれ。京都帝国大学在学中に学徒出陣。特攻兵器「震洋」を体験。復員後、立命館大学教授・文学部長・副学長などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品