モランディとその時代

岡田温司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784409100196
ISBN 10 : 440910019X
フォーマット
出版社
発行年月
2003年09月
日本
追加情報
:
22cm,378p 図版16p

内容詳細

神話に包まれた画家を同時代的文脈に丹念に位置づけしなおし、過去と現在とが不思議と同居する芸術の謎に肉薄する力作。批評と美術史学とが稀有なかたちで結晶した本邦初のモノグラフ。〈受賞情報〉吉田秀和賞(第13回)

【著者紹介】
岡田温司 : 1954年生。京都大学大学院博士課程修了。京都大学大学院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Motley さん

    ★★★

  • -i さん

    E.H.コンブリッチの美術の物語に出てきた記述と図録から、この画家のことがとても気になってしまい、読みました。私が最初に見た絵は全体的に土色を帯びた背景や器のなかで、白い瓶がやわらかくぼんやりと浮き出ていて、何かを物語ったり象徴しているというよりも、そこにただあるという穏やかなリアリティが印象的でした。けれどもこの本を読み、この画家のほかの絵にも接すると、当たり前ですが、それがあまりにも僅かな部分しか見ていなかったことがわかりました。

  • メルセ・ひすい さん

    14-75★厳粛、峻厳、幾何学、メランコリー、静謐[修道士]孤高の画家と呼ばれ、神話につつまれた 画家 モランディを同時代的文脈に丹念に位置づけなおし、過去と現在とが不思議と同居するその芸術の謎に肉薄する。批評と美術史が稀有なかたちで結晶したモノグラフ。1930年から`56までファシズム政権下から戦後の混乱と復興期まで26年間、ボローニャの美術アカデミーの版画講座の教授であった。いわく「孤高の芸術家」「時代を超越した芸術家」という自己認識。を標榜…その間、キュビズム〜ポップ・アート が   

  • さかもとももこ さん

    モランディ展の予習復習用に読んだ。時代的な理解をするのにとても良かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岡田温司

1954年、広島県三原市生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程中退、現在、京都大学人間・環境学研究科教授。専門は西洋美術史、イタリア思想、美学。精神分析理論の祖であるフロイトに見られるイタリアの影響を読む『フロイトのイタリア』(読売文学賞)などの著書が示すように、その研究は独創的で広い。イタリア現

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品