グランドツアー 18世紀イタリアへの旅 岩波新書

岡田温司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784004312673
ISBN 10 : 4004312671
フォーマット
出版社
発行年月
2010年09月
日本
追加情報
:
256

内容詳細

ポンペイ遺跡発見の頃、ヨーロッパ中の知識人や芸術家がこぞってイタリア半島を目指した。そこで彼らを魅了した人、自然、遺跡、芸術とは。当時の旅を追体験し、人々の中で芽吹き始めていた新しい感性を活写する。

【著者紹介】
岡田温司 : 1954年広島県に生まれる。1978年京都大学文学部卒業、1985年同大学大学院博士課程修了、岡山大学助教授を経て、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専攻は西洋美術史・思想史。著書に『フロイトのイタリア』(読売文学賞、平凡社)『モランディとその時代』(吉田秀和賞、人文書院)。訳書に、ロンギ『芸術論叢』(監訳、ピーコ・デッラ・ミランドラ賞、中央公論美術出版)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitu さん

    カナレットやティエポロの前を漫然と通りすぎてはいけない。新書ながらかなりの教養書。18世紀のヨーロッパで英国の支配階級や貴族の子弟達が教育の最終仕上げとして体験した比較的長いイタリア旅行『グランドツアー』。「イタリア紀行」のゲーテ等、ヨーロッパの知識層でイタリアへの旅行を経験していない者は殆どいない。この時代の文化を特長づける興味深い現象を切り口に芸術、文化、歴史を語る。ピクチャレスクと崇高の美学、各地のサロンや人的交流、この時代に表された旅行記や絵画、神話や伝説の記憶を至るところに留める自然。魅力の一冊

  • 壱萬縁冊 さん

    巻頭のカラーページはいい印象を受けた。瀑布、マルモレの滝、ナルニの大滝など、絵画の流れと飛沫が素晴らしい(73ページ)。これもカラーならなおよかった。フィリップ・ハッケルトの川のある風景は、動物(羊? と犬など)と人間が佇んでいて平和的(82ページ)。新書であるものの、美術館の絵画展を歩くようなイメージで読み進められるのがよい。

  • 星空の挑戦者 さん

    18世紀ヨーロッパ貴族支配階級は教育の仕上げとして半年から2年かけてイタリアを旅したという。遺跡、芸術、人・・・アルプス越えてイタリアツアーについていろいろな有名人が記録を残している。本書に登場するゲーテをはじめ、その時代にとって大きな儀式だったことがうかがえる。1つの時代として軸ということで考えてみると日本人の観光旅行のような同じ旅行でも、まったく異なるものになることが本書で理解できた。ヨーロピアンオディッセイの源流をみた。

  • めっし さん

    仕事読書。18世紀貴族社会の成人儀式となっていたグランドツアーをイタリアの視点で分析。18世紀社会の補強となった。18世紀絵画の見方の勉強になったこととイタリア旅行に行く際は再読しようと思ったことをここにメモ。

  • takahiroyama3 さん

    18世紀イタリアに、イギリス支配階級が「教育期間の最後の仕上げ」(=グランドツアー)として来訪していたそうです。自分も教育期間の最後をイタリアで過ごそうと考え、読んでみました。当時、言い伝えや絵画により広まったイタリア像が、多くの自然や建築を学びたい人々を駆り立てたことも、現代との共通点を感じました。更に、こうした経緯で人々が集まり、出会い、交流した「文芸的公共性」の存在が、新たな学問を生み育てたようです。坩堝化が自分・自国の理解を深め、彼の地においても資産となることは、地域を考える上で重要と感じました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岡田温司

1954年、広島県三原市生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程中退、現在、京都大学人間・環境学研究科教授。専門は西洋美術史、イタリア思想、美学。精神分析理論の祖であるフロイトに見られるイタリアの影響を読む『フロイトのイタリア』(読売文学賞)などの著書が示すように、その研究は独創的で広い。イタリア現

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品