雨やどりはすべり台の下で 偕成社文庫

岡田淳

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784035508502
ISBN 10 : 4035508500
フォーマット
出版社
発行年月
1990年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,165p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 新地学@児童書病発動中 さん

    児童文学好きを自認しながら、このような素晴らしい本があることを知らなかった。題名からして素晴らしい。子供たちが、夏休みに夕立を避けるために、すべり台の下に集まる。そこで不思議な話が語られて、雨森さんと言う不思議な男性の生き様が浮かび上がってくる。幻想的で美しく、優しさを感じる物語で結末ではとびきりの感動を味わえた。月夜に黄色い大きな紙飛行機が、女の子をのせて空を飛ぶ8話の「信子の話」は映像美にあふれた作品で一番の好み。子供の時に読みたかったが、それは仕方がない。これから繰り返し読もう。

  • takaC さん

    これはとても良い話だと思う。こういう情景が当たり前だと思う自分のような世代には尚更か。サンケイ児童出版文化賞受賞作との事だが然もありなん。伊勢英子さんの挿絵との相性もバッチリ。

  • 美紀ちゃん さん

    忘れていたので、再読。夏の話。他学年交流の話。雨宿りをしながら、それぞれが、同じマンションに住む、謎の人物「雨森さん」について、語る。不思議現象もあれば、思い違い?みたいな話もあるけど、素敵。後書きです岡田淳さんが、自分のお父さんが子供であったことを信じられないと書いてる。わかる気がする。ファンタジー、好き。

  • わっぱっぱ さん

    忙しい世の中だと雨は煩わしいだけのものかもしれないけれど、雨宿りって雨がもたらす恩恵の一つだと思う。雨止みを待つ仮の宿。知らない人と、知ってる人と、分かち合うひとときだけの異空間。日常が違う色味を帯びる不思議な時間。そこで交わされるにふさわしい物語でした。贈り物ってあげる方が幸せ。だから感謝は要らないのだけど、もらうとやっぱり言いたくなる「ありがとう」。雨森さんにも伝わって良かった。【雨上がる微笑む君の目に映る大きな虹は未来へ続く/新地学】

  • 北風 さん

    同じマンションに住む少年少女が雨宿りしてるときに、一人にひとつずつ同じマンションに住む「雨森さん」に関わる不思議はエピソードを話あうという内容です。 最初は不気味な印象の雨森さんでしたが、正体がわかってきて、岡田さんらしい、とても優しい気持ちになれる本でした。しかさ岡田さんは子供の使い方が天才的にうまい! オススメ度:★★★★★

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岡田淳

1947年、兵庫県に生まれる。神戸大学教育学部美術科卒業。図工専任教師として小学校に38年間勤務。その間から斬新なファンタジーの手法で独自の世界を描く。『放課後の時間割』(日本児童文学者協会新人賞)『学校ウサギをつかまえろ』(同協会賞)『雨やどりはすべり台の下で』(サンケイ児童出版文化賞)『扉のむこ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品