放課後の時間割 偕成社文庫

岡田淳

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784035508809
ISBN 10 : 4035508802
フォーマット
出版社
発行年月
1990年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,197p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぶんこ さん

    著者が先生をしていらした学校で、月曜日のランチタイムにDJとして放送していたお話との事。素敵な学校、素敵な先生ですね。小学校が長い学生生活の中でも特に思い出深い所として残っています。そこに学校ネズミが住んでいたとしたら、ネズミは怖いけれど、こんなお話ネズミだったら話を聞いてみたかったかも。また図工の先生の優しさにもホッコリ。学校ネズミがたった1匹となってしまったのは悲しいけど、最後に図工の先生という友達が出来て良かったです。

  • takaC さん

    対象は「小学中級から」上限なし。

  • 佐藤一臣 さん

    児童文学は久しぶりに読んだが、読むこと・物語に浸ることの楽しさを教えてもらいました。ねずみが喋るなんてことは荒唐無稽ですが、実はそうでもないかもしれないと思わせてくれます。人間だけが言葉を話すのは結果であって、もしかしたらあと数百万年後には、ねずみも喋っているかもしれないなあ。特に「しゃっくり」の話は面白かった。リズムがいいねえ。世界を巻き込んだ話は壮大で夢がある。

  • たらちゃん さん

    思い出しました。小学生の頃、近所の小さな図書館で借りて読んだんだ。本に夢中だった、夢中にさせてくれたお話に、また出会えて嬉しいです。霧の向こうの不思議な町も世界が近いかも。

  • あおい さん

    毎週月曜日の図工室、学校の授業が終わったら学校ネズミのお話を聞く。図工教師の僕と学校ネズミの〈放課後の時間割〉息子は「図工室の色ネコ」「すけだち」がお気に入り。私は切ないラストの「赤い潜水艦」が心に残りました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岡田淳

1947年、兵庫県に生まれる。神戸大学教育学部美術科卒業。図工専任教師として小学校に38年間勤務。その間から斬新なファンタジーの手法で独自の世界を描く。『放課後の時間割』(日本児童文学者協会新人賞)『学校ウサギをつかまえろ』(同協会賞)『雨やどりはすべり台の下で』(サンケイ児童出版文化賞)『扉のむこ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品