霊怪真話

岡田建文

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309031941
ISBN 10 : 4309031943
フォーマット
出版社
発行年月
2024年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
224p;19

内容詳細

怪異蒐集の先学を再発見せよ。透視から千里寄せまで、心霊怪異の実見談全50余話。先駆的名著を新字新仮名遣いで復刊!柳田国男「作之丞と未来」も併録。

目次 : 溺死体を捜し出す神符/ 透視された怪火災/ 神仙の楽音(実例二)/ 飛んで来た黄金の魂/ 猛火の中を飛び出した仏像/ 神木伐りの禍殃/ 漁夫に国宝視される千里眼/ 血ヘドを吐かされた盗人/ 位牌に来た四疋の怪蝶/ 日本一の化物屋敷/ 床前から出た怪語/ 物品の千里寄せ/ 水神は赤蛙/ 巻物の昇天/ 遭難ケ所の神託/ 米粒の道案内/ 群馬県の怪人(実例二)/ 学者の降参(実例二)/ ナメクジの空中渡り/ 樹上の怪屍体(実例二)〔ほか〕

【著者紹介】
岡田建文 : 1870年代半ばに島根県に生まれる。号・蒼溟。心霊研究家・怪談蒐集家。『大阪新報』『松陽新報』で新聞記者を務めた後、松江で隔週誌『彗星』を創刊、心霊研究を進める。大本の出口王仁三郎と親しく交わり、怪談蒐集で柳田国男の信任を得た。1945年、東京空襲により罹災死(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岡田建文

1870年代半ばに島根県に生まれる。号・蒼溟。心霊研究家・怪談蒐集家。『大阪新報』『松陽新報』で新聞記者を務めた後、松江で隔週誌『彗星』を創刊、心霊研究を進める。大本の出口王仁三郎と親しく交わり、怪談蒐集で柳田国男の信任を得た。1945年、東京空襲により罹災死(本データはこの書籍が刊行された当時に掲

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品