I LIKE YOU 忌野清志郎

岡本貴之

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309290188
ISBN 10 : 4309290183
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
224p;19

内容詳細

初期のRCサクセションを知る太田和彦から「I LIKE YOU」をカバーしたのん、清志郎亡き後のドラマに出演した渡辺大知、初めて父・忌野清志郎を語る百世。総勢17人の貴重な証言。没後10年!

日本が生んだ偉大なミュージシャン・忌野清志郎が虹を渡って、早や10年。

清志郎と共に時代を生き、影響を受けながら現在も各界で活躍する人たちが、あふれる熱い思いを語った単行本『I LIKE YOU 忌野清志郎』が、清志郎の誕生日である4月2日(火)、河出書房新社から刊行予定。

本書は、ライター・岡本貴之と若手フォトグラファー・ゆうばひかりの企画・取材により、2018年2月より同年7月まで音楽配信サイト「OTOTOY」に全13回にわたり掲載された連載記事を基に再構成したもの。インタビュー形式から一人語りに新たに書き下ろし、さらに追加取材を行い一冊にまとめた作品となっている。

若い世代へとバトンを渡すべく登場してくれた、のん、渡辺大知(黒猫チェルシー)のほか、3人時代のRCサクセションの目撃者である太田和彦、日本で唯一のザ・ローリングストーンズ・オフィシャル・フォトグラファーの有賀幹夫、清志郎ファンにはおなじみの高橋 Rock Me Baby、清志郎のレコーディング&ライヴを深く知る山本キヨシ、蔦岡晃、サウンド・エンジニアzAk、ディレクター佐野敏也、今では音楽業界の重鎮となったプロデューサーたち―宗像和男、森川欣信、近藤雅信も登場。さらに、清志郎が憧れた漫画家・手塚治虫の長女でありプランニングプロデューサーの手塚るみ子、初代YMOマネージャーとしても知られる手相観の日笠雅水、スタイリスト高橋靖子、直木賞作家の角田光代まで、それぞれが好きなキヨシローへの熱い思いがギッシリと詰め込まれている。

そして書籍の締めくくりには、消しゴムハンコ作家の百世のインタビューを収録。初めて父・忌野清志郎についての思いを語っている。それぞれが語るエピソードは、そのまま、清志郎の音楽が持つ豊かさそのもの。総勢17名による愛のある一冊だ。

登場する人たち:
有賀幹夫 / 太田和彦 /角田光代 / 近藤雅信 / zAk / 佐野敏也/ 高橋靖子 / 高橋 Rock Me Baby / 蔦岡晃 / 手塚るみ子 / のん / 日笠雅水 / 宗像和男 /百世/ 森川欣信/ 山本キヨシ / 渡辺大知 (五十音順)


《著者》
岡本 貴之 (オカモト タカユキ)
1971年新潟県生まれ。音楽配信・情報サイト「OTOTOY」を中心に様々なジャンルのカルチャーを取材・執筆している。好きなRCサクセションのアルバムは『BLUE』。

のん (ノン)
2013年にドラマ主演デビュー、一躍国民的ヒロインとなった。役者だけにとどまらず、歌手活動も始め、RCサクセションの「I LIKE YOU」をカバーした。

渡辺 大知 (ワタナベ ダイチ)
ロックバンド、黒猫チェルシーのボーカルのほか、俳優、監督など多様なジャンルで活動中。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ダミアン さん

    みんなが気に入っている曲を改めてじっくり聴きたくなりました。 zAkが清志郎と関わっていたなんて知らなかったし、のん、渡辺大知という若手のインタビューは新鮮でした。 そして何と言っても百世さんのインタビュー、あたたかい気持ちに包まれました。

  • ponnnakano さん

    モモちゃんの話が読みたくて購入。他の方はほとんど知らなかったのですが、それだけに自分の知らなかった清志郎が見えてよかった。モモちゃんの話は飾らない普通の言葉だけに本当によくて、3曲選ぶなんてそりゃできないよね、としみじみ思った。もう10年か。

  • 清新 さん

    なんと言っても 百代さんの書く 家庭人 清志郎がとても良い。 角田光代さんの、好きすぎて 会いたくない気持ちも良くわかります。 ハリー細野と清志郎のキューピットは、日笠マーコさんだったのですね。 まだまだ、清志郎ファンが増えれば 良いと思います。

  • ロックスターKJ さん

    評価:★★★★☆ 4点 清志郎さんの音楽の魅力だけでなく、人間性の素晴らしさも伝わってくるいい本だった。あの百ちゃんが立派に成長して、父 忌野清志郎を語っているというのは感涙モノだ。

  • ozzy さん

    「愛と平和」清志郎さんのこの言葉、大切だな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品