正義と悪魔

岡本翔太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784871310901
ISBN 10 : 4871310906
フォーマット
発行年月
2012年11月
日本
追加情報
:
163p;20

内容詳細

新進気鋭の天才学者エリザベス・ダニエルソンは、全米最大の医療コングロマリットを原告代表として訴えた。
その判決が目前に迫る中、FBIの目が届かない日本に、彼女はある目的をもって来日した。
悪魔の頭脳を持つ巨大組織のCEOが彼女に差し向けた殺し屋は…。
人間とは、正義とはを問う衝撃作!


【著者紹介】
岡本翔太郎 : 1965年東京都生まれ。明治大学法学部法律学科卒。2000年より上場企業の代表取締役社長を12年間務め、現在に至る。裏千家茶名宗恒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 千葉龍加 さん

    ネット広告の惹句に「最高傑作」とあったのでついついポチッと購入してしまったのだった。作者はビジネスマンで本作品が処女作らしいが,この人自身はあまり本を読まない人なんじゃないかなあ?えらいさくさく読めると思ったら,文ごとに改行…。で,全体的な印象は昔流行したケータイ小説。誰も死ななかったところだけが救いかな。

  • ごまにゃん さん

    挑戦的なタイトルに惹かれて読んだものの、小学校低学年の教科書ばりの大文字にまずびっくりしました。語りも箇条書きで「〜だった」と連用形を多用するので読みづらく、そもそも段落分けがきちんと出来ていません。会話は違和感はそこまでありませんが、物語として掘り下げが成されていないためプロットを流し読みしたような感覚。正直言って未完成の作品のような印象を受けました。編集者は何やってたのでしょうか?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岡本翔太郎

1965年東京都生まれ。明治大学法学部法律学科卒。2000年より上場企業の代表取締役社長を12年間務め、現在に至る。裏千家茶名宗恒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品