山の怪談

岡本綺堂

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309227108
ISBN 10 : 4309227104
フォーマット
出版社
発行年月
2017年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
190p;19

内容詳細

怪異だらけの山の世界。化けもの、怪異の民俗譚、文人による心霊、不思議な話、岳人・アルピニストの遭難・恐怖・神秘体験…。実話、エッセイ、小説でひたる二十の怪談。

目次 : 1 山の怪異の民俗(入らず山(柳田国男)/ 山の怪異(高橋文太郎)/ 含満考―バケモノの話(高須茂) ほか)/ 2 文人・林人の心霊の話(幽霊滝の伝説(小泉八雲(田部隆次・訳))/ 兄妹の魂(岡本綺堂)/ 焚火(志賀直哉) ほか)/ 3 岳人の怪奇・神秘体験(山の怪談(深田久弥)/ 岳妖―本当にあった話である(上田哲農)/ 岩塔ヶ原(西丸震哉) ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • HANA さん

    山の怪談アンソロジー。民俗学者、作家、登山者、各々の立場から山の怪異が語られている。地方に伝わる伝承も本人が実際に体験したという怪異も、それぞれの切り口が面白い。特に面白いく感じたのは民俗学者の部。怪異に関する民俗学者の論考は数多あれども、本巻に収録されたのは柳田国男も含めてどちらかと言うとエッセイという感じで怪異自体を素直に楽しむ事が出来る。小泉八雲、岡本綺堂を始めとする作家の話の上手さは言わずもがな。古い話が多く昨今みたいに強烈な描写が多いわけではないが、その分しみじみと感じる部分も多い一冊であった。

  • ぽろん さん

    一部は、山の怪異の民俗と題して少々お堅い文章も含まれて読了できるのか心配だったけど、二部三部と平易な文章で、まるで昔話でも聞く様な感じで不思議な話も淡々と読み終えた。そんな中で、岡本綺堂の話が特に印象深かった。山には、人智を超えた何かがあるんだろうなあ。

  • 澤水月 さん

    意外やラストの岳人(山屋)たちの文が現代実話怪談的だし、山の困った人の話を読んでいたら指9本ない某動画配信有名登山家が不穏な亡くなり方しぞくりと寄る辺ない気持ちに。冒頭章の天狗論がまあ正直悪文で読み進まず難儀、古風な言い回しだから読みづらいわけでないのだなあ(柳田や露伴はいいのだもの)。平山蘆江は気になり過ぎる終わり方!同じ河出の『山の怪異譚』の3ヶ月前刊行、現代人パートは工藤美代子

  • roatsu さん

    収録各話いずれも面白く、初出となった作品を改めて読みたくなった。日本人の精神性を紐解く民俗学的な視点からも古来から連綿と色々な話が生まれてきた山の怪談は好適な材料なのかも。個人的には含満考が目から鱗。手塚治虫のどろろで「ガンモウ」の語が出てきたが、そういう意味があったのかと。実に面白い。あとはドイツ人のハンス・シュトルテ氏の丹沢夜話も素敵。馴染の山域だけれど本書が新しい気付きや知識、情感を与えてくれそう。まだまだ知らない良い本があるんだなあと嬉しい発見だった。

  • ワッピー さん

    古いものから新しいものまで、また著者も文士、学者、登山家、イラストレータと幅広く網羅した山の怪異。初読の話もあり、楽しめました。ワッピー的に一番好きだったのは、加藤博二「山女」です。地図を忘れて山に入って、道に迷い、さながら「高野聖」のような行程をへて、美女が一人住まいする小屋に辿りつく。翌朝明かされる事情はそれで定番ですが。それにしても、山に魅せられる人のなんと多いことか!異界との際に在って神も怪も住まう神秘の地に入って、ふと気づく。「自分は一人じゃない」と。ここから多くの分岐が生まれるのですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岡本綺堂

1872年(明治5)東京生まれ。本名は敬二。元御家人で英国公使館書記の息子として育ち、「東京日日新聞」の見習記者となる。その後さまざまな新聞の劇評を書き、戯曲を執筆。大正時代に入り劇作と著作に専念するようになり、名実ともに新歌舞伎の作者として認められるようになる。1917年(大正6)より「文藝倶楽部

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品