江戸東京の路地 身体感覚で探る場の魅力

岡本哲志

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784761512156
ISBN 10 : 4761512156
フォーマット
出版社
発行年月
2006年08月
日本
追加情報
:
22cm,175p

内容詳細

歓楽街、門前町、市場、抜け道、行き止まり…。地形やかつての都市構造の痕跡を残しながら、歴史の流れの中で変遷してきた東京の路地。そんな路地に潜り込んで体感しながら、その成り立ちと魅力を明らかにする。

【著者紹介】
岡本哲志 : 1952年東京都中野区生まれ。法政大学工学部建築学科卒業。岡本哲志都市建築研究所代表、博士(工学)。法政大学大学院エコ地域デザイン研究所所属。武蔵野美術大学特別講師。国内外の都市と水辺空間の調査・研究に長年携わる。銀座、丸の内、日本橋など東京の都市形成史は様々な角度から30年以上研究を続ける。特に、銀座においては10年以上にわたる銀座の方々との交流を通じ、街づくりなどに参画している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いくっち@読書リハビリ中 さん

    目から鱗の路地から始まる町の形とあり方。京都と違って路地が生かされず、なくなってしまうことの多い東京だが、だからこそ、より一層魅力を感じる。町歩きがさらに楽しくなりそうな本でした。

  • engawa さん

    「ブラタモリ」でおなじみの岡本哲志さんの本。東京のあちこちに残る路地の成り立ちを解き明かしてくれる。個人的には、路地とは、何より人が歩く道だと思う。江戸時代で言えば、馬や大名の乗った駕籠、現代で言えば車が通るためではなく、人が歩くための場所だった。そして、もう一つ、生活するための場所だった。朝顔の鉢植えを並べるだけでなく、夕涼みの縁台将棋。みんな道路でなく、路地ですること。コンクリの道路だけではなく、人がのんびりできる路地を増やしてほしい。

  • ReiKINOSHITA さん

    なぜ人は路地に惹かれるのか。路地が都市形成に果たす役割とは。『ブラタモリ』等で知られる都市形成史研究家の著者が書いた「路地」論。めっちゃくちゃ面白い。路地は単に「細い道」であるだけではダメで、そこに「生活」が根付いていないと路地たりえない。生活の気配があるからこそ、初めて訪れる路地にも落ち着きや懐かしさを覚える。100年前後という短い歴史しか有していない月島の街がなぜ哀愁を感じさせるかというと、そこに路地があるからだというのは「なるほど!」と思った。

  • 讃壽鐵朗 さん

    かなり専門家向けの本で、安易に散策の目的で読むには適さない

  • Teo さん

    東京の路地の由来など、路地に関して様々な視点の内容。非常に面白い。ちょっと古い本だが、今のブームを先取りしている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岡本哲志

1952年、東京都生まれ。法政大学工学部建築学科卒業、九段観光ビジネス専門学校校長。岡本哲志都市建築研究所、法政大学教授を経て現職。専攻は都市形成史。都市形成史家、博士(工学)。日本各地の都市と水辺空間の調査・研究に長年携わる。銀座、丸の内、日本橋など、東京の都市形成史をさまざまな角度から40年以上

プロフィール詳細へ

建築・理工 に関連する商品情報

おすすめの商品