まごころ、お届けいたします。 読書がたのしくなる・ニッポンの文学

岡本かの子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784774314044
ISBN 10 : 4774314048
フォーマット
出版社
発行年月
2009年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,157p

内容詳細

ずっと読み継がれてきた、古くて新しいニッポンの文学作品を紹介。本巻は、豊島与志雄「キンショキショキ」、竹久夢二「日輪草」など、何かを心から願い、真心を込めて追い求めた人々の物語全7話を収録。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • onion さん

    このシリーズ、本気で小編を選んでて気合入ってます。子どもより大人が楽しめそう。

  • anxi さん

    仕事

  • ぐぐ12345 さん

    わかんない表現も多く、物語に入り込めなかった。やはり教科書に出るような文豪の作品は読みやすい

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岡本かの子

1889年、東京・青山生まれ。跡見女学校卒。1906年与謝野晶子に師事し「明星」に投稿。のち「スバル」同人として活躍。10年に画学生(のちに漫画家)の岡本一平と結婚、翌年太郎を出産。29年から約2年間渡欧。帰国後、36年に芥川龍之介をモデルとした「鶴は病みき」で作家デビュー。以来、「母子叙情」「老妓

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品