これからかかるお金で困らない本 20代・30代で知っておきたい

岡崎充輝

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784534052568
ISBN 10 : 4534052561
フォーマット
出版社
発行年月
2015年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
220p;19

内容詳細

20代・30代の人にとって、今後避けて通れないのが「住宅」「生命保険」「教育」「自動車」などのお金の問題―。将来、必要なお金の考え方・貯め方がわかる!いま、手を打てば間に合います。

目次 : 第1部 実は、あなたの人生はもうヤバイ?(あなたの人生に作用する「お金の習慣」/ ここ10年で変わったこと/ この十数年で減った支出、増えた支出)/ 第2部 あなたの「人生設計」をリセットする(「住宅関連資金」を考える/ 「生命保険」を考える/ 「教育・車関連資金」を考える/ 「使途不明金」を減らす)/ 第3部 次の10年のための人生設計(家計を上手にやりくりする仕組みづくり/ 人生の優先順位を夫婦で話し合う)

【著者紹介】
岡崎充輝 : 岐阜県の揖斐川町商工会で、中小企業の経理指導・経営指導をするかたわら、独学でファイナンシャルプランナー資格を取得。税金から社会保険にいたるまで幅広い知識を駆使しながら、個人家計の顧問FPを目指し活動中。年間100名以上の家計相談や、年間30回以上のセミナーの講師、地元FM曲のパーソナリティーを務めるなど精力的に活動している。(株)ヘルプライフオカヤ代表取締役。住まいと保険のFP相談センターを主催、一般社団法人ライフプランアドバイザー協会特別顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • toshi さん

    住宅費は総返済金額を知る。保険を決める際は保険だけで損得を考えるのでなく、家計全体でトータルで考える事。教育費は予算を決めておく。自動車費は現金一括で購入。ローンを組むと金利分を払う必要があり、損。夫婦でライフプランを作成する。

  • まこと さん

    住宅ローン・生命保険・車・教育費・家計簿等について幅広く書かれています。特に老後までのシュミレーションがされていて、一目見て教育費ピーク時の負担の大きさにあらためて驚かされました。また、我が家は車関係の出費を抑えるため、車無し生活をしているのですが、この本を読むことで、車関係の出費の大きさを再確認できました。題名にあるとおり20代・30代で知っておかなければならない内容でしょうね!

  • haru さん

    厳しいなあ…私の優先順位は家と子供かな。キャッシュフローは作っているけど現実的な数値はまだ全く分からないから、これから見直していかなくちゃいけない。結婚とか出産とか、してる余裕、あるだろうか。

  • nyantamaru さん

    生命保険いくらお金が必要か考えているか。積立系一見得だが住宅、カーローン入ってては本末転倒。30歳2人子持ちが亡くなる、奥さん必要1億5千万円−遺族年金4600万円−奥さん老後年金1800万円−児童手当等1260万円−奥さん年収100×30で3千万円=必要金額4200万円。奥さん正社員なら回る。子供が私大4年で622万円−児童手当金15年200万円、産まれて18歳まで毎月約2万円。自動車は現金で。車預金、11年後に300万円の自動車買い替え月2万3千円。使途不明金×。収入−支出=貯金×、収入−貯金=支出○

  • てるりん さん

    みんな読んでほしい!お金についてざっくりじゃなく、真剣に向き合える本だったなぁ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品