本棚から読む平成史

岡ノ谷一夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309253961
ISBN 10 : 4309253962
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
224p;19

内容詳細

「昭和」からの脱却を模索して始まった平成時代は、世界の多極化とグローバリズムの進展に直面する。そして訪れた3・11とそれ以後の世界へ…。政治学者・牧原出、ノンフィクション作家・梯久美子、生物心理学者・岡ノ谷一夫の三人が、平成31年間に刊行された名著50冊をジャンル横断的に紹介。書籍の問いかけに寄り添いながら、新たなる平成史を描く。読売新聞連載「平成時代名著50」待望の書籍化。

目次 : 第1章 「昭和」からの脱却を模索して―平成元〜一〇年(一九八九〜一九九八年)(平成元年(一九八九年) 辺見じゅん『収容所から来た遺書』/ 平成元年(一九八九年) S・W・ホーキング『ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで』 ほか)/ 第2章 世界の多極化と混迷を極める日本―平成一一〜二〇年(一九九九〜二〇〇八年)(平成一一年(一九九九年) 茨木のり子『倚りかからず』/ 平成一二年(二〇〇〇年) 畑村洋太郎『失敗学のすすめ』 ほか)/ 第3章 東日本大震災と新しい価値の胎動―平成二一〜三一年(二〇〇九〜二〇一九年)(平成二一、二二年(二〇〇九、一〇年) 村上春樹『1Q84』/ 平成二三年(二〇一一年) 星野博美『コンニャク屋漂流記』 ほか)/ 第4章 文化部記者が振り返る平成

【著者紹介】
岡ノ谷一夫 : 1959年栃木県生まれ。生物心理学者。慶応義塾大学卒業後、米国メリーランド大学大学院修了、博士号取得。千葉大学文学部助教授、理化学研究所チームリーダー等を経て、東京大学大学院総合文化研究科教授、理化学研究所脳神経科学研究センター認知行動連携チームリーダー、および文部科学省新学術領域研究「共創言語進化」代表。共著に『ハダカデバネズミ』(吉田重人との共著、科学ジャーナリスト賞受賞)など

梯久美子 : 1961年熊本県生まれ。ノンフィクション作家。北海道大学文学部卒業後、編集者を経て、2005年『散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道』でデビュー。同作で大宅壮一ノンフィクション賞、『狂うひと「死の棘」の妻・島尾ミホ』で読売文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞、講談社ノンフィクション賞を受賞

牧原出 : 1967年愛知県生まれ。政治学者(行政学・日本政治史)。東京大学法学部卒業後、同助手、東北大学法学部助教授、同大学院法学研究科教授を経て、東京大学先端科学技術研究センター教授。2003年『内閣政治と「大蔵省支配」―政治主導の条件』でサントリー学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tamami さん

    平成時代30年間を振り返り、著者たちの鼎談を挟みながら、各年2〜3冊の本を紹介している。既読の本、未読のもの、これからの参考になるのではと思う。平成時代は、読書という視点からはどんな時代だったか。鼎談の中では、始めの方は昭和の延長であるとか、電子書籍化が進行していったなどと語られる。しかしなんといっても街の本屋さんがみるみる減少していき、業界の衰退が顕著になった時代ではなかったか。不思議なことに、出版点数はそれほど減ってはいない。様々な形での個人の表現が許容される時が来た、と思えば、多少の救いはある。

  • さくは さん

    平成の名著50冊を選んだブックガイド。平成を10年ずつに区切っている。最初の10年は昭和を引きずる10年、中間の10年はリベラルな改革の時代、最後の10年は東日本大震災やリーマンショックが起こった。辺見じゅん『収容所から来た遺書』、R・ドーキンス『利己的な遺伝子』、桐野夏生『OUT』、坂口恭平『0円ハウス』、こうの史代『この世界の片隅に』、石内都『ひろしま』、村上春樹『1Q84』、カズオ・イシグロ『忘れられた巨人』、Y・N・ハラリ『サピエンス全史』など。幅広いジャンルから選ばれている。

  • maca339 さん

    平成で話題になった本を10年ごとに区切って話す。また、本の感想、批評。

  • funkypunkyempty さん

    ★★★★ 平成を振り返るブックガイド。5冊程、図書館で予約しました。それだけで読んだ意味があった!

  • siro さん

    平成の30年を振り返る良書。最初の10年は冷戦終結と民主化に対する希望が世界的にはあったものの、国内ではバブル崩壊後に経済が低迷。阪神・淡路大震災と地下鉄サリン事件が暗い影を落とす。次の20年では東日本大震災と原発事故。政治面では平成21年(2004年)と平成24年(2012年)の政権交代。日本は、私たちは、一体どこへ向かうのだろう。現在のコロナウィルスや、数年のうちに必ずやってくる首都直下地震。私の関心は、激動の時代の中で人々が何を考え、どう生きようとしたかにある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

  • 堀江貴文 / 君はどこにでも行ける 日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくか。刑務所出所後、世界28カ国58都市を訪... |2016年03月07日 (月) 17:30
    堀江貴文 / 君はどこにでも行ける
  • アクティブラーニングで学ぶジェンダー 身近にあるけれど気づきにくい“ジェンダー”。おもちゃ、物語、エイジング、精神疾患、デートDV、母娘関係、キャリア・デ... |2016年03月07日 (月) 13:10
    アクティブラーニングで学ぶジェンダー
  • 田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』 働き過ぎ、結婚難、など男性ゆえに抱える問題、「男性学」の視点から、多くの若者が抱える悩みや生きづらさを解きほぐします... |2016年03月04日 (金) 17:00
    田中俊之新刊『男が働かない、いいじゃないか!』
  • 日本人だけが知らない この国の重大な真実 安倍政権に埋め込まれた「時限爆弾」――日本発、「第3次世界大戦」のシナリオ―「明治維新=日本の戦争国家化」は、まだ終... |2016年03月04日 (金) 17:00
    日本人だけが知らない この国の重大な真実
  • 京都ぎらい 生粋の京都育ち京都在住の著者だから言える、「こんなん書いてええのんか?」的衝撃の新京都論。ロングセラーです。 |2016年03月03日 (木) 13:50
    京都ぎらい
  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?

おすすめの商品