外道忍法帖 忍法帖シリーズ 2 河出文庫

山田風太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309407401
ISBN 10 : 4309407404
フォーマット
出版社
発行年月
2005年04月
日本
追加情報
:
15cm,339p

内容詳細

天正使節団がローマ法王より下賜された百万エクーの金貨の行方を追って老中・松平伊豆守は主家再興の望みを抱く天草忍者十五人を長崎へと送り込む。一方、天下覆滅を狙う由比正雪も手飼いの甲賀忍者十五人を放っていた。迎え撃つは大友忍法を身につけた十五人の童貞女。その秘所に隠された鈴に金貨の在り処が―。かくて三つ巴の壮絶な死闘の幕はあがった。

【著者紹介】
山田風太郎 : 大正11(1922)年、兵庫県に生まれる。昭和24年、「眼中の悪魔」「虚像淫楽」で第2回探偵作家クラブ賞を受賞。昭和33年から忍法帖シリーズの執筆を開始。昭和38年から刊行された「山田風太郎忍法全集」で忍法ブームをまきおこす。昭和48年の「警視庁草紙」から独特の手法による“明治もの”に着手。他に『人間臨終図巻』『あと千回の晩飯』など著書多数。平成9年第45回菊池寛賞を受賞。平成13年7月28日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • けやき さん

    【再読】山風忍法帖はやはり面白い!大満足です!伊賀忍者グループ15人と甲賀忍者グループ15人、さらにくノ一(あえてこう書いたけど)グループ17人の三つ巴の闘いが壮絶。バタバタ忍者が倒れていくのは山風忍法帖ではいつものこと。結末の意外性は再読だから知っていたけど、さすがと唸らされる。

  • ヨーイチ さん

    念願の未読の山田風太郎忍法帖が手に入る。Amazonデビューしちゃいました。今の生活環境で読みたい本を手に入れるには、これしかないらしい。片田舎に文庫三冊がちゃんと届く!凄い世の中になったものだ。三つ巴で総勢四十五人プラスα!ガンガン人が死ぬ。本当に50年前の小説かと思う程のスピード感と描久写。但し文章がシッカリしているので、小説を読んだ気になる。何よりカッコいい!久々の休日健康ランドで骨休みの読了。続く

  • Katsuto Yoshinaga さん

    天草家再興を望み、松平伊豆守方に与する天草扇千代(男性)を筆頭とする天草忍者15人。国家転覆資金を狙う由井正雪手飼いの甲賀忍者15人。金貨を守るマリア天姫と忠僕ミカエル助蔵、そして金貨の鍵を秘所に隠す十五童女。この47人が三つ巴の忍法合戦である。330頁程度でどうするのかと思っていたら、解説の日下三蔵氏が書いているように、山風先生は忍法や人物の描写を棄てて、壮絶な共倒れを描きたかったようである。この潔さと徹底ぶりは映画「VERSUS」を彷彿させたが、本作はなんと1961年の作品!(コメに続く)

  • 浅木原 さん

    忍者が出て死ぬ! いや忍法帖は基本そうだけど、330ページの話で合計47人の忍者が出てくるこれは話に聞いてた通り、忍者が現れて名前を覚える間もなく死ぬ。その早さニンスレに例えれば「ドーモアバーッサヨナラ!」ナムサン! イヤグワをする間さえない!一応三つ巴の争いではあるんだけど、数名を除いてあとはモブみたいなもんなので、何人生き残ってるのかとかどの勢力が優勢かとか考える間さえなく延々と続く爆発四散を眺めているうちにこの展開だとそれしかないですよねというラストに至りオチに唖然。いやはやなんともはや。ナムサン!

  • IKUNO さん

    『外道忍法帖』(山田風太郎) <河出文庫> 読了です。 340ページ足らずの作品ですが、この中で  15人 x 3チーム の忍者たちが死闘を繰り広げます。 とにかく密度が濃いので、出てくる人物は大体忍者ですし、出てきたら大体すぐ死にます。 中には全く忍法を使わずに死ぬ忍者もいます。 :-) もうちょっと人数を減らしてゆったり書けばもっと面白かったんじゃないかと思いますが、解説で書かれているように、とにかく多くの忍者をどんどん出そう、という意図があったのかもしれません。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山田風太郎

1922年兵庫県生まれ。東京医科大学卒。47年「達磨峠の事件」で作家デビュー。49年「眼中の悪魔」「虚像淫楽」で探偵作家クラブ賞を受賞。その後、58年「甲賀忍法帖」を発表し忍法ブームに火を付けた。97年、菊池寛賞を、2000年、第4回日本ミステリー文学大賞を受賞。01年没(本データはこの書籍が刊行さ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品