一発屋芸人列伝

山田ルイ53世

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784103519218
ISBN 10 : 4103519215
フォーマット
出版社
発行年月
2018年05月
日本
追加情報
:
236p;20

内容詳細

世の中から消えた芸人たちの現在は、ブレイクしたあの時より面白かった!? 発売前から話題騒然、雑誌ジャーナリズム賞作品賞受賞。

【著者紹介】
山田ルイ53世 : 本名・山田順三(やまだ・じゅんぞう)。お笑いコンビ・髭男爵のツッコミ担当。兵庫県出身。地元の名門・六甲学院中学に進学するも、引きこもりになり中途退学。大検合格を経て、愛媛大学法文学部に入学も、その後中退し上京、芸人の道へ。『新潮45』で連載した「一発屋芸人列伝」が、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」作品賞を受賞し話題となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 修一郎 さん

    一発屋芸人さんてブームが去ったらやめちゃう人が大部分なのかと思っていたら,営業を続けて食べていく人も多いのね。ピークですぐに卒業しちゃうアイドルグループというより,当てたネタを丁寧に扱って食っていく演歌歌手に近いのだ。昔ラジオで聞いていた山田ルイ53世は教養ネタが得意な芸人さんのイメージ,確信犯的なくどい文章は鼻につくけど文章は面白い。全く知らない人とコンビを組んだという相棒の樋口君のポジションも意外でした。知らない芸人さんは飛ばし読み。お気に入りは@レイザーラモンHG,Aテツandトモ,Bもちろん髭男爵

  • ナイスネイチャ さん

    図書館本。一発屋の髭男爵山田ルイ53世さんが一発屋を語る。特にギター侍とコウメ太夫の下りは面白かった。客観的に人物像を語るのも。

  • 美登利 さん

    なかなか面白かったです!髭男爵のルイ53世が1発屋と言われる芸人さんたちを訪ね取材をして(あまり内容は多くない)主に彼がその芸人さんの日頃の様子やこれまでの仕事ぶりや周りの人々との交流などで1発屋がどんな人であるか、冷静に判断したり、引いたりと語ります。数年お笑い番組をあまり見ないので新人は知りませんがここに挙げられた方はテレビでも良く見たし時々見ますね。よく分からないネタや面白くないネタもあったけれど。みんな下積みが長く苦労人ですね。コウメ太夫のサラブレッドぶりには驚いたなぁ、一番理解が難しいね。

  • kaz さん

    自身が一発屋であるという認識で、その他の一発屋芸人を解説している。いろんなパターンがあるから、一括りには出来へんよね。 自虐ばかりでないのが良い。芸風にもよるけど、やっぱり仕事としてのキャラと、本来の人柄に差が無い人も、ある人もいて。ふむふむ。ロケバスの運転手争奪戦がウケた。他にも気になる芸人いてるから、続編も書いて欲しいなぁ。

  • タカユキ さん

    芸人の話ですが人生の話。普通の人は一発も当てられないけど平凡に生活している人が多い。芸人はウッカリ一発当てると、その後に落差の大きな転落をしてしまう。それでもそれぞれの芸人が、それぞれの形で受け止め生きている。著者自身も貴族の姿で登場し「○○やないか〜い」とワイングラスで乾杯をしていた芸人。その髭男爵を含む10組の、その後や芸の完成を取材している。笑いを交えていて読んでいて飽きない!そして芸人の内部事情や一発当てる事の大変さ。彼らは今でも芸人であり続けている。この素晴らしい作品。まさに「ルネッサンス!」

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品