ガレとラリックの工芸 スペシャル

山根郁信

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784582945751
ISBN 10 : 4582945759
フォーマット
出版社
発行年月
2016年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
179p;29

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • こぽぞう☆ さん

    6月の箱根旅行、箱根ラリック美術館で購入。ガラス作品については、ラリックよりガレが好き。しかし、ラリックは当時のヨーロッパが「日本趣味」を充分消化し、ラリック自身が「日本美術」に衝撃を受けることはなかった。というのは、なるほどと思った。8月に長野へキャンプに行くので、北澤美術館行きたいな。

  • 遠い日 さん

    某お宝鑑定番組で、結構よく出るガレとラリック。ジャポニスムとは「日本美術愛好趣味」と捉えるらしいが、外国(フランス)から見た日本の美のイメージは、なんだか薄いフィルターごしのものをみているようで、どこかわたしには歯痒い。とまれ、美しい写真でじっくりと見られる機会を得て、満足。わたしはやっぱりガレよりラリックが好きだと再確認。

  • えも さん

    関心はあったものの、あまり詳しくないので、つい借りてしまった◆大体のイメージはわかりましたし、19世紀末のジャポニスムの様子についても雰囲気が掴めました。

  • 遠野 さん

    美術品の中でもとりわけガラス、彫刻、建築の類は、なるべく実物を体感しに行きたいものです。角度を変えて眺めたときの色彩や光沢の変化、表面の質感、そのモノが持っているヴォリュームなどがこちらに与えてくる影響は、写真じゃなかなか伝わらない。とはいえ美しい写真、じっくり堪能しました。それから、この本の裏表紙にいいちこフラスコの広告が出てるの、ちょっと唸りました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品