歴代作曲家ギャラ比べ ビジネスでたどる西洋音楽史

山根悟郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784058012369
ISBN 10 : 4058012366
フォーマット
出版社
発行年月
2020年12月
日本
追加情報
:
183p;21

内容詳細

目次 : ■第1章:バロック時代最後の巨匠 / バッハ x ヘンデル / ■第2章:初期古典派の宮廷音楽家 / ハイドン x ボッケリーニ / ■第3章:ウィーン古典派の最盛期 / モーツァルト x サリエリ / ■第4章:古典派からロマン派へ / ベートーヴェン / ■第5章:ロマン派の萌芽 / シューベルト x ロッシーニ / ■第6章:ロマン派の礎を築いた音楽家 / シューマン x メンデルスゾーン / ■第7章:世紀の2大天才ピアニスト / ショパン x リスト / ■第8章:オペラを完成させた2大巨頭 / ワーグナー x ヴェルディ / ■第9章:成熟したロマン派の音楽 / ブラームス x ヨハン・シュトラウス2世 / ■第10章:フランスのロマン派 / ビゼー x サン=サーンス / ■第11章:チェコ音楽家の躍進 / スメタナ x ドヴォルザーク / ■第12章:ロシアの新しい息吹 / チャイコフスキー x ロシア5人組 / ■第13章:北欧の国家と音楽家 / グリーグ x シベリウス / ■第14章:後期ロマン派の名指揮者 / マーラー x リヒャルト・シュトラウス / ■第15章:印象派、フランスの新しい響き / ドビュッシー x ラヴェル / ■第16章:復興するイギリス音楽 / エルガー x ヴォーン・ウィリアムズ / ■第17章:近代ロシアのピアノ音楽 / スクリャービン x ラフマニノフ / ■第18章:現代音楽への序章 / バルトーク x シェーンベルク / ■第19章:東と西の20世紀音楽 / プロコフィエフ x ストラヴィンスキー / ◎コラム / 過去通貨の現代日本円の換算方法(1)概要&18世紀編 / 過去通貨の現代日本円の換算方法(2)19世紀編 / お札になった作曲家たち / 過去通貨の現代日本円の換算方法(3)20世紀編 / 映画になった作曲家の人生 / *主要参考文献

【著者紹介】
山根悟郎 : クラシック音楽事務所のアスペンに3年、武蔵野文化事業団にクラシック音楽の企画担当として約10年勤めたのち、現在、MCSヤング・アーティスツに勤務。桐朋学園大学ピアノ科を経て3年間ベルギー(レメンス音楽院)へ留学した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • trazom さん

    目の付け所が面白いユニークな一冊。作曲家の収入形態は、年俸、年金、楽譜出版料、興行収益、著作権と、時代とともに変化する。面白いのは作曲料。交響曲で、「第9」(150万円)、シューマン「春」(54万円)、R.シュトラウス「家庭交響曲」(5250万円)。更に、「アイーダ」(1.5億円)、「白鳥の湖」(280万円)と聞いて何とも複雑な気持ちになる。最も悲しいのは、「冬の旅」の1曲1,000円…。遺産が、ロッシーニ(20億円)、ヨハン・シュトラウスU(2,000億円)と聞いて、そりゃ、楽天的な音楽になるわと納得。

  • コニコ さん

    作曲家のギャラを比べてみようなんて誰が考えたでしょうか!言われてみると非常に興味が湧いてきます。浪費家だったといわれるモーツァルトや、バッハと比べて成功したといわれるヘンデルなどのイメージはありました。でも具体的な数字で示されると、リアルに暮らしぶりも想像できる気がします。ギャラを比べる指標として、収入はもちろん、贅沢度、慈善度、親の経済力など、興味深い判定もあり、説得力あり、です。この本で収入が一番多かったのは、ヨハン・シュトラウス2世。亡くなった時の総資産は、約2086億円というのにはたまげました。

  • みつ さん

    読み友さんのレビューから興味を持った本。かの作曲家はどれだけ稼ぎどれだけ浪費したか、を中心に、西洋クラッシックの作曲家41人を俎上に上げ、「収入」「贅沢度」「慈善度」「後世への影響」「親の経済力」「音楽一家度」の6項目(原則としてそれぞれ4段階)で評価しつつ、生涯と作品を辿る。名を遺した作曲家であっても、「後世への影響」が最低ランクになっているのが3人。「収入」の最低ランク4人には、やはり「彼」が入っている。バッハは作曲料よりも副収入で稼いでいたというのも、20人の子持ち(成人したのは確か半数)で(続く)

  • Decoy さん

    むちゃくちゃ面白い! 音楽史に残る大作曲家たちの収入をつまびらかにするという、着眼点がまず凄いのだが(知りたかった人はこれまでにもたくさんいただろうが、実際に調べた人も、調べられると分かっていた人もいなかったのでは?)、対比列伝にしているところが、さらに凄い。時代背景や作曲家のキャラクターの違いが、くっきりと浮かび上がって、読み物としての面白さをぐんとアップさせている。豆知識的なコラムや、音源へのリンクも抜かりなく、気遣いが素晴らしい。

  • yuko🌿 さん

    単に金額のお話しだけでなく、その作曲家の性格・人となりが感じられて面白かったです。あの作曲家とあの作曲家の関係とか、知らないことがたくさんありました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山根悟郎

クラシック音楽事務所のアスペンに3年、武蔵野文化事業団にクラシック音楽の企画担当として約10年勤めたのち、現在、MCSヤング・アーティスツに勤務。桐朋学園大学ピアノ科を経て3年間ベルギー(レメンス音楽院)へ留学した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品