オーケストラがやって来たが帰って来た!

山本直純 (1932-2002)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784408110899
ISBN 10 : 4408110892
フォーマット
出版社
発行年月
2014年09月
日本
追加情報
:
254p;20

内容詳細

人々に愛されたメディアの寵児、山本直純が、オーケストラの魅力と名曲にまつわるエピソードをユーモラスに語った、情熱と愛情に溢れた名著。山本祐ノ介氏寄稿「『オーケストラがやって来た』復刊に寄せて」収録。

目次 : 第1部 オーケストラがやって来た(オーケストラの魅力/ 棒ふり三年タタキ八年/ コンサート・ホールへの招待/ 音楽家になるのはたいへんだ/ 楽器あれこれアラカルト/ 音楽の森への招待)/ 第2部 ボクの名曲案内(モーツァルト「フイガロの結婚」序曲―“速ければ速いほどよい”/ ベートーヴェン「レオノーレ」序曲第三番―“胸が高鳴るファンファーレ”/ シューベルト未完成交響曲―“終わらざるがゆえの名作”/ ショパンエチュード―“ふとこみ上げる母の思い出”/ ブラームス交響曲第一番―“人生の転機に出会う曲”/ ドボルザークチェロ協奏曲―“雪の日の午後、静かに流れる第二テーマ”/ 山田耕筰からたちの花―“スターンとともに酔いしれた日本の名曲”/ 山本直純田園・わが愛―“タバコのけむり、南京豆の皮、コーヒーから生まれた名曲”/ コーダとカデンツア―“終わりよければすべてよし”/ アンコールチャメラ協奏曲―“霧の夜の青山通り”/ 『オーケストラがやってきた』復刊に寄せて―日本の人にオーケストラを美味しく食べさせたかった父を想う)

【著者紹介】
山本直純 (1932-2002) : 1932(昭和7)年、東京生まれ。東京芸術大学作曲科に入学、のちに指揮科に転じる。在学中よりラジオ、テレビ、レコード、映画など各分野で才能を発揮し、『男はつらいよ』テーマ音楽、『一年生になったら』など、広く親しまれる作品を多数生み出す。72年、小澤征爾とともに新日本フィルハーモニー交響楽団を設立、指揮者団幹事となる。73年より10年間テレビ番組「オーケストラがやって来た」の音楽監督を務め、またテレビCM等に出演して広く知られる。2002年6月18日、死去。享年69歳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • コチ吉 さん

    音楽家の書く文章はあまり読んだことがない。というか、武満徹以外あまり読みたいと思ったことがなかった。もちろん武満とは全く趣きは違うのだが、平易な表現で硬軟織り交ぜた内容は好感が持てた。ちょっとした教育論でもある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山本直純 (1932-2002)

1932(昭和7)年、東京生まれ。東京芸術大学作曲科に入学、のちに指揮科に転じる。在学中よりラジオ、テレビ、レコード、映画など各分野で才能を発揮し、『男はつらいよ』テーマ音楽、『一年生になったら』など、広く親しまれる作品を多数生み出す。72年、小澤征爾とともに新日本フィルハーモニー交響楽団を設立、指

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品