松浦武四郎入門 幕末の探検家

山本命

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784907208127
ISBN 10 : 490720812X
フォーマット
出版社
発行年月
2018年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
山本命 ,  
追加情報
:
144p

内容詳細

生誕200年・北海道命名150年。三重県松阪市に生まれ、諸国を旅して百冊以上の書物を出版。幕末の蝦夷地を探査し、知られざるアイヌ文化を全国へ紹介。蝦夷地に替わる道名・国郡名を上申し“北海道の名付け親”と慕われる男の、愛と冒険心に満ちた生涯。

目次 : 旅に生きた小さな巨人/ 武四郎が歩いた風景/ 旅こそ人生―松浦武四郎の生涯/ 東西蝦夷山川地理取調図・全26枚/ 蝦夷地探査ルート/ 松浦武四郎への旅(北海道の武四郎碑/ ふるさと三重県松阪市)/ 資料編 おもな著作物・関連書籍・略年表

【著者紹介】
山本命 : 1976年大阪府生まれ。奈良大学文化財学科卒業後、三重大学大学院人文社会学研究科へ進み、2001年に中退。同年4月より松浦武四郎記念館学芸員となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぼちぼちいこか さん

    北海道の地名の名付け親である。なぜそのような経緯になったのか知りたくて読み始める。すごいパワーの持ち主だ。特に北海道に対しては先住民のアイヌの人々に寄り添い、持論を言い続けていた。そのため、命を狙われることもあった。身長145pの小さな体に日本中を歩き続け、調査した。凄い。

  • hr さん

    松浦武四郎研究の第一人者による入門書。ここまで整った評伝は他に見当たらない。歴史的事実をつなげて行くことが中心だが、武四郎への共感が横溢しているのと、その結果、武四郎の人柄が生き生きと伝わってくるので、読みやすい。本文だけでなく、巻末の資料も充実しており、楽しめた。この本で明治5年の「修験道禁止令」を知る。北海道での仕事をしていた頃の武四郎が、島義勇と同僚だったとは知らなかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山本命

1976年大阪府生まれ。奈良大学文化財学科卒業後、三重大学大学院人文社会学研究科へ進み、2001年に中退。同年4月より松浦武四郎記念館学芸員となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品