家光は、なぜ「鎖国」をしたのか 河出文庫

山本博文

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309415390
ISBN 10 : 4309415393
フォーマット
出版社
発行年月
2017年06月
日本
追加情報
:
288p;15

内容詳細

かつて、日本が徳川家光政権時に「鎖国」にいたった道筋は、現在の状況によく似ている。世界的にも「内向き」傾向の今、その歴史の流れをつかむ。刻々と変わる海外情勢、幕府内部の勢力関係の変化、それゆえに起こる外交方針の急展開、そして将軍・家光の個性にいたるまで、総合的に追究することで、「鎖国」の本質を明らかにする。

目次 : 第1 一六・一七世紀の東アジア/ 第2 家光の政治と対外関係/ 第3 島原の乱とその影響/ 第4 幕府・藩・朝廷/ 第5 都市と農村/ 第6 外からの脅威と幕政

【著者紹介】
山本博文 : 1957年岡山県生まれ。東京大学文学部卒業。現在、東京大学史料編纂所教授。文学博士。『江戸お留守居役の日記』で第40回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。専門は日本近世史で、一次史料を丹念に掘り起こし、深い考察と親しみやすい文章で人気を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • スプリント さん

    鎖国へと舵を取ったのはなぜか。病弱な三代将軍家光の政権基盤の形成とからめて解き明かします。

  • てっちゃん さん

    期待したほどは面白くなかった。歴史学的にはきちんとした著作なんだろうけと。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山本博文

1957年、岡山県生まれ。東京大学文学部国史学科卒。同大学院修了。文学博士。東京大学史料編纂所教授。1992年、『江戸お留守居役の日記』(講談社)で第40回日本エッセイスト・クラブ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品