ファルマコンの蠱惑 山本タカト画集

山本タカト

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309905884
ISBN 10 : 4309905889
フォーマット
出版社
発行年月
2004年07月
日本
追加情報
:
26

内容詳細

ますます洗練され極められた悪趣味の美学。噎せ返るアラベスクとグロテスク。もはや性別さえ判然としない麗人たちが織り成す、不毛な性愛絵巻。ネクロマンティックな意匠渦巻く待望の最新作品集。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Roy さん

    ★★★★★ インモラルで生々しいエロスの塊。細かい細部や構図、題名もとても美しく大好きだが、特に表情が印象的で、《挑発》《憂愁》《狂気》といった感情や状態をどこか冷めた人工的人形のように描いているのが素晴らしく淫ら。「魔術師」「悪魔の舌」「休息」「箱詰めにされた幻影」「感傷的な玩具箱」が好き。シリーズ全作買いたくなった。

  • koz さん

    Pharmacon[薬/毒の両面] 両性併せ持つかの如き人物と花鳥日本画のような背景そして血のモチーフとを組み合わせた耽美趣味の画集。事の後のような倦怠感と秘めた情念を感じさせる眼が特徴的。図書館の本なのに数頁切り取られているのを見ると誰やら蠱惑させられたようだ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山本タカト

1960年1月15日秋田県に生まれる。1983年東京造形大学絵画科卒業。1991‐93年“浮世絵ポップ”様式を試みる。1994年頃より“浮世絵ポップ”様式を発展させ洗練させた“平成耽美主義”様式を打ち出す。画集、個展多数。東京イラストレーターズ・ソサエティ会員、国際浮世絵学会会員(本データはこの書籍

プロフィール詳細へ

その他 に関連する商品情報

おすすめの商品