不毛地帯 第1巻 新潮文庫

山崎豊子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101104409
ISBN 10 : 4101104409
フォーマット
出版社
発行年月
2009年03月
日本
追加情報
:
16cm,638p

商品説明

拷問、飢餓、強制労働・・・地獄のシベリアから生還した男。
商社マンの孤独な戦いを通じて戦後史を活写する記念碑的長編。


大本営参謀・壹岐正は、終戦工作に赴いた満州でソ連軍に抑留される。酷寒のシベリアで、想像を絶する飢餓と強制労働に11年にわたって耐え抜き、ついに昭和31年、帰還を果たした。その経歴に目を付けた近畿商事の社長大門の熱心な誘いに応え、第二の人生を商社マンとして歩むことを決意。地獄の抑留生活の傷も癒えぬまま、再び「商戦」という名の新たな戦いに身を投じる。 全5巻。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • koba さん

    ★★★★☆

  • テディ さん

    再読。近畿商事の大門社長の誘いを受けた元大本営壹岐正。彼の11年余に亘る壮絶なるソ連での抑留生活。ソ連側証人として極東軍事裁判の法廷に立つための一時帰国。出廷前に青酸カリ自殺を遂げた秋津中佐。極寒で劣悪な監獄生活。国際法による裁きではなくソ連国内法による勾留。反旗を翻した集団絶食によるハバロフスク事件。近畿商事の配属は繊維部。激しい相場の世界。午前中は図書館通いで11年分の日本動向の勉強。里井常務より近畿商事の防衛庁強化策として壱岐を貰いたい旨懇請。拒む大門。大門の鞄持ちとして米国出張準備に取り掛かる。

  • 優希 さん

    重厚な物語の幕開けです。満州でソ連に拘留され、シベリア送りになる壹岐。その様子がただただ苦しかったです。極寒の中、飢餓と強制労働させられる様子は残酷極まりないと思いました。11年という時間はあまりに大きく、その想像できない実態にただ呆然とするばかりです。しんどい描写が続きますが、読ませる圧倒的力は流石です。2巻以降も読みます。

  • 新右衛門 さん

    大本営参謀として終戦を迎え、ソ連の抑留を生き延びた主人公・壱岐正。帰還後に彼が身を投じたのは、日本経済を支える「商社」という新たな戦場だった■「企業には潔い玉砕なんか許されんのや」。第二の人生と呼ぶには、いささか過酷。年下の社員に教えを請い、商社の水になじもうとする壱岐の姿が印象的だった■もっとも、山埼の小説がそこで終わるはずがない。政治・社会的な伏線が所々に張られているのを感じる■軍事戦争から商売、貿易の戦争へ――。戦後日本史そのものを、著者は真っ向から作品にしようとしている。その度量に感嘆するばかり。

  • まひはる さん

    前半は、信念を持って生きても、理解されない不毛。後半は、信念を曲げなければ生き残れない不毛。どちらの不毛も一人の人生の中に共存する。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山崎豊子

1924‐2013。大阪市生れ。京都女子大学国文科卒業。毎日新聞大阪本社学芸部に勤務。その傍ら小説を書き始め、1957(昭和32)年に『暖簾』を刊行。翌年、『花のれん』により直木賞を受賞。新聞社を退社して作家生活に入る。’91(平成3)年、菊池寛賞受賞。2009年『運命の人』を刊行。同書は毎日出版文

プロフィール詳細へ

山崎豊子に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド