総合ランキング: 191位 / 社会・政治ランキング 2位

こども六法

山崎聡一郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784335357923
ISBN 10 : 4335357923
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
追加情報
:
202p;22

内容詳細

いじめや虐待は犯罪です。
人を殴ったり蹴ったり、お金や持ち物を奪ったり、SNSにひどい悪口を書き込んだりすれば、大人であれば警察に捕まって罰を受けます。
それは法律という社会のルールによって決められていることです。

けれど、子どもは法律を知りません。
誰か大人が気づいて助けてくれるまで、たった一人で犯罪被害に苦しんでいます。
もし法律という強い味方がいることを知っていたら、もっと多くの子どもが勇気を出して助けを求めることができ、救われるかもしれません。

そのためには、子ども、友だち、保護者、先生、誰でも読めて、法律とはどんなものかを知ることができる本が必要、そう考えて作ったのが本書です。
小学生でも読めるように漢字にはすべてルビをふり、法律のむずかしい用語もできるだけわかりやすくして、イラスト付きで解説しています。

大人でも知らないことがたくさんある法律の世界、ぜひ子どもと一緒に読んで、社会のルールについて話し合ってみてください。

【目次】
第1章 刑法
第2章 刑事訴訟法
第3章 少年法
第4章 民法
第5章 民事訴訟法
第6章 日本国憲法
第7章 いじめ防止対策推進法
いじめで悩んでいるきみに

【著者紹介】
山崎聡一郎 : 1993年、埼玉県生まれ。教育研究者、写真家、俳優。合同会社Art&Arts社長。修士(社会学)。埼玉県立熊谷高等学校を経て慶應義塾大学総合政策学部進学後は、自身の経験を踏まえて「法教育を通じたいじめ問題解決」をテーマに研究活動を開始する。学部3年時にはオックスフォード大学に短期留学し、政治教育への演劇的手法の導入方法を学んで単位を取得。また、慶應義塾大学から研究奨励金を受給し、法教育副教材「こども六法」を制作した。学部卒業時には学位記授与学部総代に選出、卒業論文は優秀卒業プロジェクトに選定された。2019年3月、一橋大学大学院社会学研究科修士課程を修了、現在は慶應義塾大学SFC研究所所員として研究活動を継続している。法と教育学会正会員。劇団四季「ノートルダムの鐘」に出演するなど、ミュージカル俳優としても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tonkotsu さん

    小学生・中学生といった子供にも読みやすいようにとの目的で作られた「こどものための六法」。単色カラーで、随所に動物のイラストが挿入され、漢字にもふりがな付きの構成。中身は本格的でいわゆる六法(日本国憲法・刑法・民法・商法・刑事訴訟法・民事訴訟法)の中から、主にこどもに関わる項目を抜粋し、かわりやすく解説されている。少年法・いじめ防止対策推進法についてもページを割いて概要紹介しているところから、一人でも多くのこどもを救うきっかけにしたいという著者の思いを見て取れる。

  • tellme0112 さん

    子どものために購入したわけだが、イヤなことを思い出してあたかも昨日、今、いじめられたかのような精神的苦痛を受けていた。感受性強い子だった…と落ち込むわ。今は仲間がいてあなたには跳ね返す力もあるだろうと念力送ってる。回復するのを信じる。本棚には置いておきたい本だったのよ。あー、あと、性犯罪被害の説明に、エッチという言葉ね。性教育の話と並行せねばと思った…。子どもの権利のことを理解するためにもう少し詳しい本もほしい。法学の授業思い出した。

  • ケー さん

    これは傑作。小中学校に一冊ずつ配備してもいいくらい。条文をできる限り平易に噛み砕き、さらにきちんとふりがなを振っているので小さな子でも読める。もちろん少し難しく感じる箇所もあるけれど、そこは大人が手助けしながら読んでいくことで対応できそう。いじめ対策推進法を重要視しているのもこの本ならでは。大人が読んでも十分な内容。これ作るの大変だったろうなぁ。特に子供に向けてるって意味でのレベルの設定。

  • めん さん

    「子どもにも関係のある法律、知っておいたほうがよい法律をピックアップ」した本。1章刑法から7章いじめ防止対策推進法まで。各章では、法律の概要といくつかの条文を掲載している。4章民法をメモ。•みんなの『あたりまえ』を支えるルール 人と人との争いを解決する基準。•内容は、財産についてのルールと家族についてのルールの2つに分けられます。•掲載の条文の一つは、‘第90条 公序良俗’安心して暮らせる社会や平和を保つという観点からふさわしくないことを目的とする契約は、なかったことにします/勉強になる。購入検討。図書館

  • クサバナリスト さん

    子供向けに法律を物凄く丁寧に砕いて分かりやすく解説。法学初心者にも良いかも知れない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山崎聡一郎

1993年、埼玉県生まれ。教育研究者、写真家、俳優。合同会社Art&Arts社長。修士(社会学)。埼玉県立熊谷高等学校を経て慶應義塾大学総合政策学部進学後は、自身の経験を踏まえて「法教育を通じたいじめ問題解決」をテーマに研究活動を開始する。学部3年時にはオックスフォード大学に短期留学し、政治教育への

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品