鞠子はすてきな役立たず 河出文庫

山崎ナオコーラ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309418353
ISBN 10 : 430941835X
フォーマット
出版社
発行年月
2021年08月
日本
追加情報
:
240p;15

内容詳細

「働かざるもの、食うべからず」と幼い頃から父親に言われてきた小太郎。経済的自立を目指し高卒で銀行員になった小太郎だが、院卒で書店アルバイトの鞠子は、結婚後は主婦を希望。絵手紙や家庭菜園など次々に趣味を楽しみ始める。人と比べず、自分の満足を大事にする鞠子。価値観の違う二人の生活の行方は!?『趣味で腹いっぱい』を改題。

【著者紹介】
山崎ナオコーラ : 作家。性別非公表。多様性と経済活動について考えている。2004年、会社員をしながら書いた『人のセックスを笑うな』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kei302 さん

    趣味は上を目指さない、競争しない。そうかなあ? 「趣味を始めたい」って何か違うような気もするし。前半は何となくモヤモヤした気分で読む。 後半、小太郎が銀行を辞めて鞠子の「単身赴趣味」に付き合うことになった辺りから面白くなってきた。鞠子、形から入る、やたらめんどくさい人です。小太郎がいい人過ぎる。

  • のんぴ さん

    山崎ナオコーラさん、小説を通して社会問題を提起するactivist。趣味は好きで楽しいからやるもの、小説を含む芸術も面白いから観賞するエンターテイメント。役に立つのか、金になるのか、生存に有利になるのか、そんなことを考えてしまうのは下等動物の原始反応と大差ない。しかしどうしても夫が苦労したお金で趣味を楽しむ鞠子がずるいと思ってしまう私は拝金主義、効率主義に毒されているのか。必要なら働くけど、なんとかなっているのなら、楽しんで生活していきたい。小太郎も純粋に楽しみたい趣味ができたら鞠子が稼いでくれるのか?

  • ろここ さん

    働いて自立することが大人として必須と思う夫と、必要なければ働かなくていいという真逆の考え方の妻。趣味のために生きる鞠子の考え方に、やんわりと価値観を崩されていって、面白かった。ワークライフバランスなんて目じゃない。役に立たない趣味だけに生きるし、単身赴趣味したっていい。(ただしイケメンに限る)みたいに(ただし理解ある家族がいる場合に限る)だね。私も本だけ読んで生きていきたい。夫に本書を読んでもらって鞠子生活目指そう。

  • 真琴 さん

    「働かざるもの食うべからず」と幼い頃から育てられた高卒の銀行員の小太郎と、大学院で文学を研究し現在書店アルバイトの鞠子。そんな二人が結婚する。鞠子は専業主婦を希望し、いろいろな趣味に没頭。そんな鞠子に小太郎も影響される。鞠子のマイペースで自分の生き方を貫き、自分の満足を大切にする生き方に羨ましいとも思いました。鞠子が「自己満足は大切だよ」と言っていますが、結局はどんな生き方をしても、自分自身に満足し、自分で自分を肯定しないとしんどいかも。生き方に正解はない。 ★★★★☆

  • ニャーテン さん

    「働かざる者食うべからず」の教えで育ってきた銀行員の夫・小太郎とマイペースに趣味を楽しむ専業主婦・鞠子、働く立場と働いていない立場それぞれの二人の会話に時にハッとさせられ、時に考えさせられる。趣味は生活=お金という基盤があってこそで鞠子の考えを全面的に支持できないが、仕事でも趣味でも、自分が幸せだと感じられる時間を持つと人生豊かになるのは間違いない。アンナさんの「自立に美しい立ち方があるように、他立にも美しい立ち方があるのかもしれない」の言葉も沁みた。働いていない間は“すてきな役立たず”を目指そうと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品