浮世でランチ 河出文庫

山崎ナオコーラ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309409764
ISBN 10 : 4309409768
フォーマット
出版社
発行年月
2009年08月
日本
追加情報
:
15cm,206p

商品説明

私と犬井は中学二年生。学校という世界に慣れない二人は、早く二十五歳の大人になりたいと願う。そして十一年後、私はOLになるのだが? 十四歳の私と二十五歳の私の“今”を鮮やかに描く、文藝賞受賞第一作。

内容詳細

「人生ってきっと、ワタクシたちが考えているより、二億倍自由なのよ」。中学に入ってから不登校ぎみになった幼なじみの犬井。学校という世界に慣れない私と犬井は、早く25歳の大人になることを願う。11年後、OLになった私だが、はたして私の目に、世界はどのように映るのか?14歳の私と25歳の私の今を鮮やかに描く文藝賞受賞第一作。

【著者紹介】
山崎ナオコーラ : 1978年、福岡県生まれ。2004年『人のセックスを笑うな』で第41回文藝賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ホウフリンク さん

    まるでエッセイを読んでるような、不思議な魅力のある小説だ。 確かに、朝や夜の食事と違って、ランチは学校だったり、職場だったりと外で食べることが多い。 そういう意味では、特別な食事なんだろう。特に人と接することが苦手だと苦痛になるかもしれない。 そんな事考えたこともなかった。 それでも生きていかなければいけない。なんとか持ちこらえろと応援しながら読んだ。 それにしてもいいタイトルだな、これ。

  • にいにい さん

    初山崎ナオコーラさん。西加奈子さんの「炎上する君」という短編集に有名作家として登場されていたので、気になって読んでみた。不思議な面白さがある。構成の妙。14歳と25歳の主人公が同時に現存する巧みな進め方。主人公の人の評価を気にしない考え方好きだなぁ。協調性には欠け生きづらいだろうけど、犬井やタカソウの25歳も知りたかったな。生き方を再考するきっかけとなりそうな1冊かな?もう少し、ナオコーラさんを読んでみようと思えた。

  • dr2006 さん

    今見えているものは人によって違う。みんなが共有しているようなこの世界も、本当はそれぞれの人の側から見たら違って見えているはずだ。14歳の私と25歳の私が、代わる代わる自分の世界観を一人称で語る物語。私とは主人公の丸山君枝だ。14歳の私はいったい何を求めていたの?25歳になったら私はどうなっているのだろう?きっと浮世を楽しんでいるはず。いや、あの時がよっぽど浮世だったのかも。山崎さんの独特な描写に心の隅っこが喚起されて鳥肌が立つ。

  • あんこ さん

    わたしも25歳、会社の人と必要以上につるむことも、14歳のときに必要以上にベタベタするのが苦手だったから読んでいてびっくりした。今この時期に読んでよかった。決定的に何かが変わって楽になることなんてないのだろうけど、読み終わったら清々しい気分。しかしおしゃれな文章を書くんだなあ、ナオコーラさん。

  • siro さん

    はじめましての作家さん。好みかも。14歳と25歳の私。学校と社会のなかで感じるその時々の閉塞感や苛立ちなど共感出来るところもあった。25歳の主人公は少し大人になったけど根っこの部分は変わらないと思う。14歳の頃、今の年齢の大人はもっと大人だと思っていたけど、実際そんなに考えていることに違いはないなぁとちょっと驚く。そしてなんだか焦る(笑)人間関係でウンザリすることも多々あるけれどやっぱり誰かと繋がっていたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品