ニキの屈辱

山崎ナオコーラ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309020631
ISBN 10 : 4309020631
フォーマット
出版社
発行年月
2011年08月
日本
追加情報
:
160

内容詳細

人気写真家ニキのアシスタントになったオレ。1歳下の傲慢な彼女に心ひかれたオレは、公私ともに振り回されて…。恋がもたらした痛恨の一撃を描く、「人のセックスを笑うな」以来の待望の恋愛小説。

【著者紹介】
山崎ナオコーラ : 1978年、福岡県に生まれる。國學院大學文学部日本文学科卒業。2004年、会社員をしながら書いた「人のセックスを笑うな」が第41回文藝賞を受賞し、作家活動を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 優希 さん

    仲のいいお気に入りさんから教えて頂きました。ニキの恋愛が人生の一部を切り取ったようでした。不器用で生き辛さの見えるニキ。彼女を見ていると切なくて苦しくて胸が痛くなります。加賀美はニキのことを本当に愛していたのかと思わずにはいられませんでした。加賀美が好きなニキでいられなくなったのが悲しい。お互い大事だという想いがあっても、心が変化していったのは仕方ないことなのでしょうか。どちらが悪いかは言えないけれど、加賀美の彼氏でいられなくなったという言葉が刺さります。最後の余韻がいいですね。

  • 巨峰 さん

    恋愛小説は、途中で盛り上がれば盛り上がるほど、幸せであればあるほど、後でいろいろきますね。このままでは終わらないだろうナオコーラ?と思いながら読んでいました。有名な若い女性のカメラマン、ニキのアシスタントとなった一つ歳上のオレ。何かが突き刺さるナオコーラさんらしい等身大な若い2人の日常の描き方だと思った。半端ない小説です。「超お勧め☆国内」本棚にいれときます!

  • kishikan さん

    自分目線の思いやりや相手の理解っていうのは、必要なんだけど、時としてすれ違いの愛になってしまうのかな。この小説は、簡単に言えば、若い女性写真家ニキと助手でニキを慕う加賀美君の出逢いと別れの物語。全編加賀美君の視点で綴られているんだけれど、彼の心の動きの変化やニキを見つめる目、それもあくまでも他人としてニキの表情や動作から彼女の内面を描き出す文章力に魅せられてしまいます。ナオコーラさんは、「誰にもわかる言葉で、誰にも書けない文章を作る」のが目標だと言うけど、本当にその言葉がふさわしい、心に残る愛の物語です。

  • 風眠 さん

    若い頃の恋愛って、たぶんこんな感じ。お互い未熟で、どちらも自分主体で。仕事と恋愛の分け方も下手くそだなぁなんて、もどかしい思いで読了。もう少し月日が経って、あの頃よりもふたりが大人になって物事が分かるようになれば、なぜダメになったのかが分かるんだろうな、とか思う。若いからこそ女であることにジタバタしてしまうニキの気持ちも分かるし、訳が分からないまま距離ができていって別の恋人のほうへ行ってしまう加賀美くんの気持ちも分かる。自分が10代とか20代前半の頃にこの本と出会ってたら、大泣きしながら読んでたと思う。

  • 有 さん

    人の気持ちは計ることが出来ないし、人の気持ちは過去と今では少し違う。恋人、と呼べる時はひどく甘い。その甘さがいつまでも同じ味でないこともわかっている。端から見たら、人慣れした男が有名写真家を踏み台に自分が大成しお別れする、という酷い話かもしれないが、こう見せられると何も言えない。加賀美の想いと引き換えに写真を失ったニキは可哀想だろうか?意図せぬままニキから心離れした加賀美は酷いことをしたのだろうか?表面的なものではない。心がついて離れるその時が、ニキから流れる涙が、近く遠い、いつかの過去をも匂わせる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山崎ナオコーラ

作家。現在は、子ども二人と、書店員のパートナーと共に、東京都のいなかの方に住みながら執筆を行う。性別非公表。2004年、『人のセックスを笑うな』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品