カツラ美容室別室

山崎ナオコーラ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309018409
ISBN 10 : 4309018408
フォーマット
出版社
発行年月
2007年11月
日本
追加情報
:
20cm,153p

内容詳細

こんな感じは恋の始まりに似ている。でもきっと実際は違う?カツラをかぶる店長・桂孝蔵の美容院で出会った淳之介とエリ、梅田さんたちの交流のゆくえは…。大人の事情、大人の友情に迫る、話題の最新作。

【著者紹介】
山崎ナオコーラ : 1978年、福岡県に生まれる。2004年、会社員をしながら書いた「人のセックスを笑うな」で、第41回文藝賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おしゃべりメガネ さん

    『浮世でランチ』に続き読了。『浮世〜』よりはテンポもよく、キャラも個性的なので個人的にはコチラのほうが好きかなと。「淳之介」と「エリ」の不思議な関係(距離感)が絶妙で、読んでいる側としては惹きつけられます。「カツラ」さんも謎めいている部分が多すぎて、その謎が逆に普通に思えてしまうキャラでした。本当になんてことないただの日常を、おそろしいくらい?のんびりと描いた作品でしたが、やはりそのシュール?な独特の世界観にすっかりひたってしまいました。相変わらず読了後の「で、なんだったんだろう?」感もしっかり残ります。

  • 蓮子 さん

    タイトルに惹かれて読みました。淡々とした日常を描いた作品なだけに、サラっと読めてしまって何だか物足りない感じもありますが、よく考えてみれば、私たちが普通に生きている日常も劇的な出来事はなく、こんな風に静かに過ぎていく訳で。なんてことの無い日常をフォーカスし、物語として作り上げる山崎ナオコーラさんの作家としての力量が窺えます。ちなみに私は男女の友情は成立する派です。

  • 風眠 さん

    自分のことは大抵分かっていないものだけれど、案外身近な人のことも分かっていないのかもしれない。知人なのか友人なのか、それとも恋愛なのか、名前の付けられない関係が大人になってくると増えていくように、この物語の登場人物たちも、その関係の中で戸惑っている。どんなことでも何でも話してきた子どもの頃とは違って、大人になれば話せないことも、話さないこともあって。そして後戻りができないところで知らされて、なんとも言えない寂しさに襲われる。出会いがあって、別れがあって、そうしてまた始まって、日常がいとおしく思える物語。

  • 佐伯 さん

    とてもよかった^^ 山崎ナオコーラさんの作品は本当に大好きです。 いろいろと考えさせられたり、些細なことでいろいろ気づかされたりと 本当読んでいて楽しかった。 この作品大好きです♡ ありがとうございました!

  • あつひめ さん

    どこでどう繋がるのか人の繋がりってわからないことがありますよね。友達の友達・・・とかいう関係から直接繋がるようになることもある。それをありありと見せてくれたのが今回の作品かな。事件が起きるわけでもないけど日常の細かなすれ違いや思い込みが当人たちにすれば悶々とする種になったり・・・誰もが経験して抱えていることが本になったみたいで。みんなが大人の振りした大人の友情を貫こうとしている感じ。みんなをうまく繋げているのは梅田さんだったんだなぁ〜。北海道に行ってしまったらみんな空中分解だ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山崎ナオコーラ

1978年、福岡県生まれ。2004年、会社員をしながら書いた『人のセックスを笑うな』で第41回文藝賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品