長崎グラバー邸 父子二代 集英社新書

山口由美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087205596
ISBN 10 : 4087205592
フォーマット
発行年月
2010年09月
日本
追加情報
:
18cm,205p

内容詳細

グラバー邸は単なる観光地ではない。明治維新の陰の立役者として暗躍した武器商人の父と、今に伝わる魚譜を著し、原爆投下からまもなく自殺した息子。近代日本の運命と重なり合う父子のドラマを活写する。

【著者紹介】
山口由美 : 1962年神奈川県箱根町生まれ。ノンフィクション作家。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。海外旅行とホテルの業界誌紙のフリーランス記者を経て作家に。ノンフィクション、小説、紀行、エッセイ、評論など幅広い分野で執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゆずこまめ さん

    この薄さなのがもったいないと思えるくらいよく調べてあると思います。グラバー邸にはこんな歴史があったのね。ただきれいなだけじゃなかった。長崎、行きたくなりました。

  • Yoshiyuki Nishikawa さん

    長崎グラバー邸は、単なる観光地の名所にしかすぎず、幕末の世界との窓口として志士達が活躍した場所程度にしか認識していなかったが。実際、長崎に旅行しても、訪れる事すらなかったのだが。この本に出合、グラバー親子二代の功績と時代的潮流を改めて知る事ができ、勉強になったし、興味を強く持った。因みに、トーマス・ブレーク・グラバー(父)は、キリンビールの創業にも深く関わり、ラベルの麒麟の髭は、グラバーの髭を模したとか、日光鱒の外来種鱒を放流したのが、グラバーであったとか、自分的にはトリビア的発見!?もあった、良い本でし

  • sasha さん

    他作品からの引用と著者の想像によって仕上がっている。日英の混血児として終戦直後に自ら命を絶った富三郎への思い入れも分からぬでもないが、感傷に流され過ぎ。もったいない。

  • ikatin さん

    灯台もと暗しとはこのことか、地元の人間なのに知らないことがこんなにあったとは。特に富三郎が長崎の漁業とこれほど深い関係にあったこと、また培った生物学の造詣が「グラバー図譜」を生み出したこと、いずれももう少し認知度を広めるべきである。得られた知識を加えて久しぶりにグラバー園を訪れてみたい。見え方がかなり違うと思う。

  • けいちか さん

    白石一郎の「異人館」読了後、実際にはグラバーについて何も知らなかったと思い、入手。本来はもっと詳細に調べた人の本があるのだが、高価と入手もむずかしいので、これはこれでとっかかりとしては手軽な本だと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山口由美

1962年神奈川県箱根町生まれ。富士屋ホテル創業者は曽祖父、施主の山口堅吉は祖父にあたる。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、海外旅行とホテルの業界誌紙のフリーランス記者を経て作家活動に入る。旅とホテルをテーマにノンフィクション、小説、紀行、エッセイ、評論など幅広い分野で執筆。大学での講演なども行って

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品