物語オーストリアの歴史 中欧「いにしえの大国」の千年 中公新書

山之内克子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784121025463
ISBN 10 : 4121025466
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
452p;18

内容詳細

ローマ帝国の“前線基地”を源流とするオーストリア。神聖ローマ皇帝としてヨーロッパに君臨したハプスブルク家、モーツァルトやウィーン世紀末芸術など華やかな歴史に彩られる一方、オスマントルコの侵攻、第一次世界大戦敗北後の帝国解体、ナチスドイツによる併呑、連合国軍による分割統治といった苦難も重ねてきた。首都ウィーンだけでなく、ザルツブルク、ティロルなど魅力溢れる九つの州からたどる、一千年の物語。

目次 : 第1章 ニーダーエスタライヒ―「世界帝国」発祥の地/ 第2章 ブルゲンラント―幅三五キロメートルの「国境線」/ 第3章 シュタイアーマルク―オーストリアの「緑の心臓」/ 第4章 オーバーエスタライヒ―「アルプスの国」の原風景/ 第5章 ケルンテン―リゾート文化と右翼政治の狭間で/ 第6章 ザルツブルク―大司教たちの夢の跡/ 第7章 ティロル―翼をもがれたオーストリアの鷲/ 第8章 フォアアールベルク―西方への架け橋/ 第9章 ウィーン―異文化が交叉するミクロコスモス

【著者紹介】
山之内克子 : 1963年(昭和38年)、愛媛県に生まれる。早稲田大学第一文学部卒業。同大学大学院文学研究科修士課程修了。ウィーン大学精神科学部経済社会史学科博士課程修了(Ph.D.)。現在、神戸市外国語大学教授。専門は近代オーストリア史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • MUNEKAZ さん

    オーストリアを構成する9つの州それぞれに1章を当てた一冊。おかげで分厚い新書になってますが、各州の一様でない歴史や立ち位置、ローカルな英雄の紹介など結構面白い内容で、オーストリア史=ハプスブルク帝国史となる陥穽を上手く回避しているように思う。華やかなウィーンだけでなく、隣国と緊張を抱えた地域や過去に独立運動が起こった地域など、近代の荒波にもまれた国らしい複雑な世界が広がっている。ただやはり大きな物語は捉えにくいので、講談社新書の『ハプスブルク帝国』と合わせて読むといろいろ補完できるかと。

  • Hide さん

    オーストリアの歴史、といっても一つの国の歩みという感じでなく今のオーストリアを構成する州の歴史を追いながら、この国の姿を描き出すという一冊。一国の歩みとしてすべて同じようには塗りつぶせない、それぞれの州がある地域が積み重ねてきた独自の歴史がある。

  • きょん さん

    オーストリアという国が、どのように成り立ち、どんな民族を抱え、拡大したり縮小したりしながら今に至ったのか。各州について網羅的に理解できる本。細かすぎて頭に入ってこない点も多々あるが、旅行前・旅行中に読むことができてよかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品