マツダ 心を燃やす逆転の経営

山中浩之

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784296100897
ISBN 10 : 4296100890
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
351p;19

内容詳細

目次 : マツダのクルマはどうしてこんなに見た目が似ているのか「金太郎飴?それで大いにけっこうです」/ 「オールニューで拡大」の罠 マツダは泥沼へ「売れないクルマを一生懸命造るのは空しい」/ “マツダ地獄”の中でつかんだ逆転のヒント「オデッセイのライバル車を出せるはずだったのに」/ フォードの支配下で見つめ直したモノ造り「シミュレーション、作れば使える…わけじゃない」/ 社運を賭けた「アテンザ」で勝ちパターンを見出す「最高で超一流、最低でも一流だ!」/ マツダの未来がフォードの中に見えない「一見順風満帆だけど、マツダの明日はどっちだ?」/ 「理想のエンジン」に火は付くか?―「金井さん、何を言っているのかわかりません」/ マツダ暴走?フォードから引き出した「黙認」―「わかった、一丁目一番地を動かそう」/ リーマンショック襲来す―「このままやるべきです。なぜなら、これ以上の良案はないから」/ マツダは顧客も熱く燃やす―「まだまだです。だってたった7年ですよ」/ モノ造り革新を支えた「当たり前」をやる勇気―「失敗のたびに1つずつ賢くなればいいんです」/ 藤原清志副社長に聞く革新の舞台裏―「高い目標を掲げる覚悟はあるか?」/ エピローグ―「人間は利己的で、そしてええ格好しいなんよ」

【著者紹介】
山中浩之 : 日経ビジネス、日経クリック、日経パソコンなどの編集を経て、日経ビジネス編集部シニア・エディター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • バイクやろうpart2 さん

    真っ赤なカバーとマツダの名前が目に留まり手にしました。 Ford来襲時のchange or die‼️を目の当たりにした私にとっては、高い志を持つ方々の意思決定は、素晴らしく感じました。マツダは芋虫、当たり前をやる勇気、感じるフレーズがたくさんあり、読後感、爽快でした。是非、クルマに興味無い方でも楽しめる一冊です。

  • asajee さん

    おもしろい!ビジネス書としても、マツダファンとしても!有能なリーダーは会社の宝です。

  • nar_yoshi さん

    著者は日経ビジネスオンラインで、「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」や、イトウエルマさんの立ち食いそば取材記「ワンコイン・ブルース」などを手がけている山中浩之さん。▼このところグンと魅力度アップを果たしているマツダ車。近年のマツダ車開発を主導してきた、エンジニア出身でマツダ元会長の金井さんに対して、約2年半にわたる取材インタビューをまとめた本書。▼山中さんは、エンジニアに限らず、さまざま職業の魅力を伝えるのがとてもうまい。

  • kilroy さん

    マツダ関連の書籍はエンジニアも経営もみんな面白過ぎ。 これは金井元会長のインタビューがメイン。藤原副社長もラストで出てきます。 PDマネジメントとCAマネジメントとか、「決める」スピードを速くするとか、走りながら考えずに考えてから走るとか。 帰宅が遅かったのに読み出したら止まらず読了。

  • YUJIRO さん

    マツダの業績回復に至る道筋を元会長がインタビューに答える形で辿る。志を高く持つことの大切さを説く。(この高さを設定するのが難しい。)自分の頭でよく考えて、挑戦し、失敗をできるだけ早く行う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山中浩之

日経ビジネス、日経クリック、日経パソコンなどの編集を経て、日経ビジネス編集部シニア・エディター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品