亜細亜の曙 レトロ図書館

山中峯太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309027685
ISBN 10 : 4309027687
フォーマット
出版社
発行年月
2018年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
316p;20

内容詳細

軍事探偵本郷義昭登場!禁断・伝説のアジア主義小説。太平洋戦争前夜。アジアの開放の使命を帯びて、南方に向かう“日東の剣侠児”本郷義昭陸軍少佐。印度の王子ルイカールを援け、敵○国の覇権に挑む。

【著者紹介】
山中峯太郎 : 1885年、大阪府生まれ。小説家、翻訳家。陸軍士官学校(19期)卒、陸軍大学校退校。陸軍歩兵中尉で依願免官。東京朝日新聞記者となったが、淡路丸偽電事件で退社、下獄。出獄後、家庭小説、宗教小説、少年少女小説を執筆。日露戦争に取材した『敵中横断三百里』で人気を博し、戦後は公職追放の後、回想録『実録・亜細亜の曙』や、ライフワークともいえる少年少女向けに翻案した「名探偵ホームズ全集」を発表した。1966年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Admiral2009 さん

    書かれたのが1931年、日本がアジアの盟主を自任していた頃の話。少年向けであり内容は至ってソフトで軍事力を以ってアジアを席巻しようなんて書き方ではなく「支那の一部の悪政を布く者達を駆逐しよう」と書いてある。90年前も今も同じなのに苦笑。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品