ビンボーの女王

尾崎将也

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309025988
ISBN 10 : 4309025986
フォーマット
出版社
発行年月
2017年08月
日本
追加情報
:
256p;19

内容詳細

ADを辞め、ネットカフェ難民となった麻衣子が、立てこもり事件に巻き込まれた。ところが全国中継で犯人が予想外の要求をしたことから、「大炎上」が始まる!激増するSNSのフォロワー数、番組に出演させようとする元上司、プロデュースしようとする芸能マネージャー、やがて襲い掛かるバッシング…混乱のなかで、麻衣子は本当に大切なものに気づき始める。母との確執を乗り越えて、麻衣子は幸せになれるのか!?大人気脚本家がおくる渾身の小説デビュー作!

【著者紹介】
尾崎将也 : 1960年兵庫県出身。1992年に第5回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞。その後多数の大ヒットTVドラマ&映画の脚本を手掛け、第一線を走り続ける。2010年には映画監督デビューも果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アーモンド さん

    映像が浮かぶような読みやすさだなと思って読んでいたら、人気脚本家さんでした。 お仕事小説かと思いきや、ネットカフェ生活に、人質事件に巻き込まれたりetc。目まぐるしく話が展開しあっという間に読了。 出来過ぎ感はあるが、ドラマを見ているようで面白かったです。

  • keith さん

    ADの仕事を嫌気がさして辞めてしまい、ネットカフェ難民となった麻衣子。そのネットカフェで立てこもり事件の人質となったことから、若年貧困者として世間の注目を浴びるようになっていく。ありそうでなさそうな話です。貧困者はずっと貧困でないと世間から叩かれるという、今の世の中の心の貧しさが浮き彫りになっていました。暗くなりそうな題材ですが、軽いタッチの話でした。

  • なっく さん

    タイトルからは、もっとおちゃらけた内容かと思ったら、意外にもしっかりしたストーリーで感動すら覚えてしまった。もちろんこんなにうまく行くとは思えないんだけど、淡々としてて、周囲に流されつつもそれなりに自分で考えて進む主人公がいい。強い意志や行動力があるわけじゃないので、結果は成り行き次第、ついつい応援してしまう。変に恋愛とかに流れないストーリーも良かった。世の中お金は大切だが、お金だけじゃない、ってことかな。

  • ろここ さん

    人気脚本家なだけあって、ストーリーに起伏があっておもしろい。仕事のミスをきっかけに貧困→ネカフェ暮らしになる女子のてんやわんや。お金がないのも辛いけど、頼る人がいないところが辛いよ…主人公が状況を受け入れるタイプなのがいいのか悪いのか。最近の若者は足掻かないって話なのかな…もっと泥臭い貧乏技を繰り広げるかと思ってたけど、平成生まれっぽいライトさだった。私は足掻いちゃう山岡タイプ。貧困問題は一人一人の貧困の背景を知ることが大事。

  • 佐藤 さん

    読みやすくて面白った。 登場人物がみんな身近に感じました。 今後の麻衣子を応援したくなる! 中でも田所が好きでした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

尾崎将也

1960年兵庫県出身。1992年に第5回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞。その後多数の大ヒットTVドラマ&映画の脚本を手掛け、第一線を走り続ける。2010年には映画監督デビューも果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

尾崎将也に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品