焦心日記 河出文庫

少年アヤ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309416373
ISBN 10 : 4309416373
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
追加情報
:
280p;15

内容詳細

小さい頃から“おかま”として生きてきた少年アヤが、ラブリーでファンシーなグッズたちや、男性アイドルにひたすら夢中になりながら、自分を見つめた365日。セクシュアリティのこと、家族のこと、そして衝撃的な事件の後に、やがて訪れる内なる“王子さま”との邂逅…。熱狂的人気を得たウェブ日記連載を完全収録。

【著者紹介】
少年アヤ : 1989年生まれ。エッセイスト。自らのセクシュアリティや家族について書いた文章が、広く共感を得る。2014年、人気ブログを書籍化した『尼のような子』(祥伝社)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • YUMINSU さん

    通勤本。すっかり読書から遠ざかっているのでリハビリとして読みやすい日記を選んでみました。ヲタクの欲望が赤裸々かつ面白く綴られていて予想通り読みやすかったのですが途中から妄想が物語的に広がってなんだかすごかった…。でも時々これは私と私の推しのことだ、と思ってしまうところが間違いなく自分もヲタクだと痛感。

  • 紅 さん

    おかまを自称していた著者の日記。アイドルを追いかけ、おもちゃを買い、またアイドルを追いかけ。そして、家族や自分と向き合っていく。良かったです。

  • あみ さん

    アヤちゃんと共に一喜一憂しながら読んだ。日々、全力なアヤちゃん。私は好きです。あと、言葉の使い方が本当に巧くて、思わず笑ってしまう。

  • はした さん

    少年アヤさんの一年間のお話。お名前は以前からSNSで拝見しておりましたが、お本を読むのは初めてでした。初期はK-POPやアイドルを追う日々が中心に書かれ、そのお姿や熱意は自分の中にも覚えがある感情で、非常に共感出来るところです。しかし、その日々もある時を境に急激な変化を迎えます。読了してみると、本当にこれが一年間の同じ人物の変化なのかと驚くばかりです。実際の一年間が長いのか短いのか、実感は分かれるところなのでしょうが… 怒涛の出来事の語りを支えるのは、圧倒的な文章力と繊細な感覚だと思います。おススメです。

  • まろやか さん

    アイドルを追いかけ、ファンシーグッズを買い漁る所は読んでいて楽しい!途中、少年アヤさんのことが心配になったりしますが、最後は希望が持てました。柚木麻子先生の解説を読んで『尼のような子』と『果てしのない世界め』も読もうと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

少年アヤ

1989年生まれ。エッセイスト。自らのセクシュアリティや家族について書いた文章が、広く共感を得る。2014年、人気ブログを書籍化した『尼のような子』(祥伝社)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品