ひと 【2019年本屋大賞ノミネート作品】

小野寺史宜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784396635428
ISBN 10 : 4396635427
フォーマット
出版社
発行年月
2018年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
296p;20

内容詳細

たった一人になった。
でも、ひとりきりじゃなかった。

両親を亡くし、大学をやめた20歳の秋。
見えなくなった未来に光が射(さ)したのは、
コロッケを1個、譲(ゆず)った時だった―――。

激しく胸を打つ、青さ弾(はじ)ける傑作青春小説!

そんな君を見ている人が、きっといる――。
母の故郷の鳥取で店を開くも失敗、交通事故死した調理師だった父。
女手ひとつ、学食で働きながら一人っ子の僕を
東京の私大に進ませてくれた母。
――その母が急死した。
柏木聖輔(かしわぎせいすけ)は20歳の秋、たった一人になった。
全財産は150万円、奨学金を返せる自信はなく、大学は中退。
仕事を探さなければと思いつつ、動き出せない日々が続いた。
そんなある日の午後、空腹に負けて吸い寄せられた
商店街の惣菜(そうざい)屋で、
買おうとしていた最後に残った50円のコロッケを
見知らぬお婆(ばあ)さんに譲った。
それが運命を変えるとも知らずに……。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    2019年本屋大賞にノミネートされたので、読みました。ノミネート作7/10、小野寺 史宜、初読です。青春感涙作、今時、柏木 聖輔のような人間はいないと思いつつ一気読みしました。佳い作品だと思いますが、大賞を獲る程の勢いはないので、6〜8位レベルではないでしょうか?続編もありそうなエンデイング、著者の他の作品も機会を見つけて読んでみたいと思います。

  • ヲム さん

    ひとはひとりじゃ生きていけない! まさにこの小説が教えてくれました。 ひとは揚げたてのコロッケの様に温かい!!

  • しんたろー さん

    小野寺さん初読み。全く知らなかった作家さんだが、本屋大賞ノミネートを機に手に取った。両親を亡くした20歳の聖輔が過ごした1年の物語・・・大きな起伏はないのに惹き込まれるのは、聖輔が真面目に誠実に生きているから応援したくなるからだろう。周囲も目に浮かび体温が伝わってくるような人々なのが嬉しい。不遇に挫ける事なく前向きに生きる聖輔に忘れていた何かを思い出させらた気持ちになる、人情と青春のバランスが絶妙な作品だった。本屋大賞はノミネートだけでも侮れない!さて、今夜はお総菜屋さんのコロッケを食べようか(^^♪

  • 新手田 円花@芸術を超越するレアル感☆彡 さん

    読みましたが、すらすらです。山場は、いくつか有りますが、心地よくてライトな感覚です。また別な作品もにて読みたいなと思います。両親を亡くし自分の進路と相方に巡り合う素敵な作品でした。

  • クボタ さん

    小野寺文宣さん初読み。もりあがりは無いがこの作品は好きだ。大学を辞め総菜屋でアルバイトとして働き、将来の希望もしっかり持った青年。良い性格で応援したくなる。物語ではあるがこんな人は幸せに生きて貰いたいと思ってしまう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小野寺史宜

千葉県生まれ。2006年『裏へ走り蹴り込め』でオール讀物新人賞を受賞。2008年、『ROCKER』でポプラ社小説大賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品