発達障害の子どもを理解する 集英社新書

小西行郎著

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087206166
ISBN 10 : 4087206165
フォーマット
出版社
発行年月
2011年11月
日本
追加情報
:
18cm,206p

内容詳細

近年発達障害の子どもが急増しているが、その原因は子どもにあるのではない。少子化など社会変化のなかで、大人の「子どもを見る目」が変化したのだ。発達障害児の発達を、胎児期から検証する。

【著者紹介】
小西行郎著 : 1947年香川県生まれ。京都大学医学部卒業。同志社大学赤ちゃん学研究センター教授。日本赤ちゃん学会理事長。オランダ留学、福井医科大学小児科、東京女子医科大学教授を経て現職。小児神経専門医として障害児医療をライフワークとし、診察・発達相談・講演会活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さおり さん

    その昔、福井で活躍されていたお医者さんの本。残念ながらお会いしたことはないが、お噂はかねがね、という感じだったので、1度著書を読んでみようと思っていたの。大切なことが、とてもわかりやすく書かれている本だった。私も最近やっとそれに気づいたんだよ!みたいなことがいろいろあったが、書かれたんは2011年・・・私、流行遅れな感じ。私が大好きな応用行動分析は、全否定だった。でも、わかるんだ。どっちの主張ももっともなんだよ。もっともっと勉強して、こどもたちの今日と明日を守りたい。

  • ゆう。 さん

    僕は医学的なこと、心理学的なことはわかりません。ただ、発達障害を正しく理解していくことが大切だし、今ある社会にただ適応させること(学校などの適応も含め)は違うと感じています。その子がその子らしく生きるために様々な療法はあるのだとも思います。この本は、一つの考え方が示されていましたが、子ども理解から入ろうとする点はとても共感できました。自分が発達障害のグレーゾーンにいるためより興味をもったというのもあると思います。

  • akagiteaching さん

    よい意味で医者らしくない本。「子どものことや障害のある子を持つ親の気持ちはわからない」というわからなさを自覚し,だからこそ子どもや親に学ぶという姿勢。このように言える小西先生の出自が気になるくらいよい本だった。おそらく原点が,障害のある親子の生活の中にある気がするのだけど,どうなんだろう?あと,「ほめて育てば自尊感情がつく」というありがちな言説に強烈な批判も。大事なのはほめるか叱るかではなく,子ども自身が,手ごたえを感じているのか,反省の芽があるかを見つめることだ,という意見に拍手喝さいしました。

  • てるみ さん

    それぞれの障がいについて分かりやすかった。覚えるまではまだまだだけどぱらっとめくって参考にしたい。理解や治癒は難しく、子どもが何を見てるのか教えて?という態度が大事だと思った。

  • えりま さん

    発達障害に対する知識を持ったが故に、「気になる子ども」をすぐに発達障害ではないかと疑うことには注意が必要だ。個性が強くて問題行動を起こしがちな子どもをすぐに発達障害であると疑うのは良くないことである。子どもの様子を発達障害の特徴に当てはめて見てしまいがちではあるが、たとえその子供が発達障害の特徴を持っていたとしても、日常生活を送る上で支障がないのならばしばらく様子を見るのが良いだろうと思う。子どもがまだ幼い場合は、子どもの幼さが発達障害と同様の特徴が見られるということはよくあることも念頭に置くべきだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」 今読まれている、新型コロナウイルス・感染症関する本。ベストセラー/医学系専門書/文芸・新書などをご紹介。 |2020年05月11日 (月) 11:30
    【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」
  • 【特集】医学・看護・薬学専門書籍 イヤー・ノート、クエバン、今日の治療薬など、医学・薬学・看護系を目指すのに欠かせない、医学・医療系専門書をご紹介。 |2020年04月09日 (木) 00:00
    【特集】医学・看護・薬学専門書籍
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』

おすすめの商品