人生の諸問題 五十路越え

小田嶋隆

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784296103096
ISBN 10 : 4296103091
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
383p;19

内容詳細

入院、引きこもり、あいつの出世…負けてもいいじゃない。50歳からの「悩まない生き方」。

目次 : 「令和」に置き去り?「平成」を生きた「昭和」な僕ら/ 五十路に振り返る、僕らを作ったテレビと音楽/ ユーミンの歌から聞こえる、僕らの嫉妬と羨望と本音/ 通った高校で考える、同窓会に来なくなったヤツの人生/ 大学は“人生リセット”を賭けた僕らの“理想郷”だった/ 「そうだよ、ここ、ここ、ここ!」故郷までの50年に笑いながら泣く/ 昼酒上等の街、赤羽で、オダジマの母に会いに行く/ 突然の入院は、自らのターニングポイントだ/ 「50を過ぎたら、人間、半分うつなんです」/ でも「なれた自分」もいいじゃない?/ 何不自由ない資産家の夢が「少年野球のコーチ」だったりする/ 「五十路のサラリーマンがつらい理由」人間到るところ猿山あり

【著者紹介】
小田嶋隆 : コラムニスト。1980年早稲田大学卒業。食品メーカー勤務などを経て、文筆業を開始

岡康道 : クリエイティブディレクター。1980年早稲田大学卒業後、電通に入社。CMプランナーとしてサントリー「BOSS」「南アルプス天然水」、JR東日本「その先の日本へ。」などを手がける。99年、クリエイティブエージェンシー「TUGBOAT」を設立

清野由美 : ジャーナリスト。城西国際大学大学院非常勤講師。東京女子大学卒、慶應義塾大学大学院修了。ケンブリッジ大学客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うわじまお さん

    電車の中で笑いをかみ殺すのに苦労した^^ 非常に面白かったです。岡さん、小田嶋さん、小石川高校の最高の同級生のぐだぐだの含蓄ある思い出話と、清野さんのはさみが最高! 昭和人には超おすすめです。

  • ロマンチッカーnao さん

    ドンピシャの世代になったので、読んでみたけど、ちょっと、年上かなって感じで、思い出話的な昭和の話にはついていけずに、最後まで、乗れずに読了。とこどどころ、おっ、と目を見張るいい言葉にも出会えたけど、最後まで心響かずって感じでした。 なりたい自分ではなく、なれた自分の価値を認める。 この言葉の意味はよく理解できるようになりました。

  • Monsieur M. さん

    高校の同級生で、五十路を越えてなお親しい友人であり続け、本書の途中で還暦も越えた小田嶋隆・岡康道が、少し年下のジャーナリスト・清野由美にツッコミを入れられつつ、来し方を振り返る(?)対談集。わたし自身も大学時代の友人と会って酒など呑むと、我ながら「おれたち、本当にもう50近いいい年した大人なのか……?」と驚き呆れるようなバカ話ばかりしているのだが、このふたりもなかなかどうして……。(続く)

  • teddy11015544 さん

    日本の男性の猿山社会の病理のあたり、合点がいきます。まあ同級生や地元では猿山が通じないので、結局のところ、リセットは無効化して、育ったところに戻って、その中で立ち位置を見つけれる人は幸せなのかもしれない。と思ったりして。はじめは脱力さに感心、再読して今度は内容に敬服。

  • いまぷ@神戸元町コネクトロン さん

    50歳からの悩まない生き方、ってあるけど、読んだ限り、言いたい放題するのがその秘訣かと思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小田嶋隆

1956年東京赤羽生まれ。幼稚園中退。早稲田大学卒業。一年足らずの食品メーカー営業マンを経て、テクニカルライターの草分けとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品