パブリック・ジャーナリスト宣言。 朝日新書

小田光康

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022731821
ISBN 10 : 4022731826
フォーマット
発行年月
2007年11月
日本
追加情報
:
18cm,222p

内容詳細

ネット空間で、爆発的に繁殖し、活動を始めたPJ。賞味切れ偽装問題、地下鉄運転手さぼり事件など、PJが世に放った特ダネとともに、その存在意義、将来の可能性を問う。初めて世に出たPJ入門書。

【著者紹介】
小田光康 : 1964年、東京都生まれ。米国ジョージア州立大学経営大学院、東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了。米デトロイト・トゥシュ会計事務所、共同通信社、英ロイター通信社などを経て、現在、パブリック・ジャーナリストニュース編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yamayuuri さん

    PJの編集者として獅子奮迅の活躍を見せる小田氏。高コスト体質、広告主付き、中途半端でしかない客観性に依拠する既存メディアに代わり、良心に基づいた市民メディアの台頭を実践している。原稿推敲のことや、ライブドア事件との絡みなど、PJの苦労や歴史が分かってくる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小田光康

1964年生まれ。米ジョージア州立大学経営大学院修了(MBA)、東京大学大学院人文社会系研究科修了。早稲田大学スポーツ科学部兼任講師(スポーツ・ジャーナリズム論)。専門はパブリック・ジャーナリズム論、ジャーナリスト教育論。米デロイト・トウシュ、共同通信社、ロイター通信社を経て、パブリック・ジャーナリ

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品