苦しみの中でも幸せは見つかる 改訂版

小澤竹俊

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594076634
ISBN 10 : 4594076637
フォーマット
出版社
発行年月
2017年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
144p;18

内容詳細

目次 : 第1章 苦しんでいる人の前で私たちにできること(苦しみをやわらげること/ 苦しいときに、苦しいと言ってもらえるために ほか)/ 第2章 限られた“いのち”から見えてくる人間という存在(苦しみってなんだろう?/ 「スピリチュアルな苦しみ」とは? ほか)/ 第3章 自分の『苦しみ』をわかってもらうために(『苦しみ』は希望と現実のギャップから起こる/ 苦しんでいる自分のことが周囲にわかってもらえない理由とは? ほか)/ 第4章 医師である私の生きる道(幸せについて考えたら、医師という職業が見えてきた/ 救命センターから町立病院へ ほか)

【著者紹介】
小沢竹俊 : 1963年、東京都生まれ。1987年、東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。1991年、山形大学大学院医学研究科医学専攻博士課程修了。その後、救命救急センター、農村医療に従事した後、1994年より横浜甦生病院内科・ホスピス勤務、ホスピス病棟長を経て、現在めぐみ在宅クリニック院長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • aloha0307 さん

    図書館新刊コーナーより 本書を手に取った動機とは少し異なる内容 ホスピス医:小澤さんの佳品 どうしても亡き母との終末の日々が去来し読み進めるのが辛かった。どんな絶望・辛苦のなかでも希望&未来を見つめる大切さを本書に教えられた思いです。苦しみの「時と意味」ですね...

  • チェリ∗*゚ さん

    グリーフケアについて勉強したくて多少の関連があるかと思い読んでみました。うーーーーーん??内容的に具体的なようで具体的でゎない気がしました。著者と私の間にゎ大きな溝がある感じ。書かれてある事は『そうだろうな』と思うけど、それだけ。私の心にゎ響かなかった。残念??

  • まい さん

    まずは、人は苦しみを聴いてくれる人にか話さない、受けても感性を磨き苦しみをキャッチできないとなりません。 苦しみの中にも聴いてくれる、理解しようとしてくれる人がいたら支えとなりきっと幸せが見いだせるでしょう。

  • OHモリ さん

    ●7月末にエンドオブライフケア援助者養成講座を受講、小澤先生初期の著作の改訂版ということだったので購入。 ●講座で学んだことの繰り返しなのでサクサク読めるなと思っていたら、改定前に図書館本で読んでいたので再読でしたぁ・・・新鮮な印象だったのは自分の変化なんでしょうね?! ●小澤先生の伝えたいことのコアは表現法は変わってもずっと変わってないんだなと再認識。関係者以外の一般の人たちをターゲットに書かれているんですが、医療介護従事者も必読文献と感じます。理論書とハウツー本の中間的な、で読みやすい本です。

  • チャーリー さん

    そもそも何が苦しみになるのか? 苦しみとどのように向き合えば良いのか? 丁寧に説明されている。 病気になったらもちろんそうだけど、健康な体を持っていたって苦しみは生まれる。 そしてそれは自分だけの力で克服するのは難しい。 自分の理解者との関係を通して、苦しさは半分、幸せは2倍に感じられるのが理想かもしれない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品