CD 輸入盤

モーツァルト:交響曲第41番、ベートーヴェン:交響曲第1番、シューベルト:未完成、他 小澤征爾&トゥールーズ・キャピトール管弦楽団、他(1960)(2CD)

小澤征爾 (1935-)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDSMBA102
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


日本市場向けの完全限定盤!
若かりしマエストロ小澤征爾の貴重音源が日の目を見る!
1960年4月&12月、トゥールーズとパリにおける放送用セッション!


国立視聴覚研究所(INA)提供による音源を使用したスペクトラム・サウンドの大好評のベルアーム・シリーズ。今回は小澤征爾が1960年収録の貴重な録音が日の目をみます!
 小澤征爾は1959年に第9回ブザンソン国際指揮者コンクール第1位を受賞。その翌年1960年4月、放送用の収録でトゥールーズ・キャピトール管弦楽団を振った録音がこの度正規初出としてお目見えします。4月19日、21日、25日と3日間の収録で、ベートーヴェンの交響曲第1番、『エグモント』序曲、モーツァルトの交響曲第41番『ジュピター』、ディヴェルティメント、歌劇『魔笛』序曲、ブラームスのハンガリー舞曲集、シューベルトの交響曲『未完成』、カバレフスキーの組曲『道化師』と実に多彩なプログラムを披露。マエストロ小澤征爾の国際的なキャリアとしてはじめての録音を「INA」の正規音源からスペクトラム・サウンドが丁寧に復刻いたしました。
 また、同年12月14日、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団を振ったモーツァルトの交響曲第28番とヨハン・シュトラウス2世の歌劇『こうもり』序曲も収録。こちらも放送用セッションながら小澤征爾のパリ・デビューということで、これもまた貴重な録音を聴くことができます。
 若かりしマエストロがすがすがしくタクトを振る姿が聴いているだけで想像できる名演。翌年以降、世界をまたにかけ活躍がはじまったマエストロ。その世界的指揮者が産声をあげたような溌溂とした演奏をお楽しみいただけます。
 平林直哉氏による日本語解説書付。日本市場向けの完全限定発売。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1

1. ベートーヴェン:『エグモント』序曲(7:53)
2. モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調 K.136(12:25)
3. ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調 Op.21(21:24)
4. モーツァルト:交響曲第41番ハ長調 K.551『ジュピター』(26:02)

Disc2
5. ブラームス:ハンガリー舞曲第1番、第3番、第5番、第6番(3:11/2:25/2:48/3:21)
6. モーツァルト:歌劇『魔笛』序曲(6:40)
7. シューベルト:交響曲第8(7)番 ロ短調 D.759『未完成』(29:32)
8. カバレフスキー:組曲『道化師』 Op.26(18:00)

 トゥールーズ・キャピトール管弦楽団
 小澤征爾(指揮)

 録音時期:1960年4月19日(1-3)、21日(4,5)、25日(6-8)
 録音場所:トゥールーズ
 モノラル(放送用録音)

9. モーツァルト:交響曲第28番ハ長調 K.200(15:30)
10. ヨハン・シュトラウス2世:喜歌劇『こうもり』序曲(7:46)

 フランス放送フィルハーモニー管弦楽団
 小澤征爾(指揮)

 録音時期:1960年12月14日
 録音場所:パリ、ORF
 モノラル(放送用録音)

 Licensed by INA and 24bit/192kHz digital restoration and remastering from the original master tapes

内容詳細

小澤征爾による、1960年代に録音された作品集。トゥールーズ・キャピトル国立管やフランス国立フィルとともに、ベートーヴェンやモーツァルト、ブラームスなどの名曲を収録。ブザンソン国際指揮者コンクール受賞翌年の瑞々しい指揮ぶりが目に浮かぶ。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

小澤征爾 (1935-)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品