小澤征爾 / 村上春樹

人物・団体ページへ

小澤征爾さんと、音楽について話をする 新潮文庫

小澤征爾 / 村上春樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101001661
ISBN 10 : 4101001669
フォーマット
出版社
発行年月
2014年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
467p;16

内容詳細

小澤征爾さんと、音楽について話をする
小澤征爾/著 村上春樹/著

指揮者はタクトを振るように話し、小説家は心の響きを聴くように書きとめる。

第11回 小林秀雄賞 受賞


「良き音楽」は愛と同じように、いくらたくさんあっても、多すぎるということはない――。グレン・グールド、バーンスタイン、カラヤンなど小澤征爾が巨匠たちと過ごした歳月、ベートーヴェン、ブラームス、マーラーの音楽……。マエストロと小説家はともにレコードを聴き、深い共感の中で、対話を続けた。心の響きと創造の魂に触れる一年間にわたったロング・インタビュー。

【著者紹介】
小澤征爾 (1935-) : 1935(昭和10)年、中国の奉天(現・瀋陽)市生れ。成城学園中学校・高等学校を経て桐朋学園で斎藤秀雄に指揮を学ぶ。’59年、仏ブザンソンのオーケストラ指揮者国際コンクールで第一位獲得。ボストン交響楽団音楽監督、ウィーン国立歌劇場音楽監督。2008(平成20)年、文化勲章受章。現在、水戸芸術館館長。サイトウ・キネン・フェスティバル松本総監督、小澤征爾音楽塾塾長などを務める

村上春樹 : 1949(昭和24)年、京都市生れ。早稲田大学第一文学部卒業。’79年『風の歌を聴け』(群像新人文学賞)でデビュー。主な長編小説に、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞)、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『1Q84』(毎日出版文化賞)がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この組み合わせの対談は奇跡的で貴重だと感...

投稿日:2015/04/19 (日)

この組み合わせの対談は奇跡的で貴重だと感じました。指揮者も小説家も不思議な職業ですが、このおふたりに限らず作品や名演を創造する職業の厳しい世界が見えてきます。凡人には経験できない世界を疑似体験させてもらったような気分です。

テリーヌ さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kaizen@名古屋de朝活読書会 さん

    新潮百冊】指揮者の小澤征爾の娘と村上春樹の妻が仲が良くて実現した対談。どちらが好きな人でも、為になる話が多い。指揮者と交響楽団についていろいろ分かる。バーンスタイン好みなので興味深かった。蓄音機愛好家のための話ではないとのこと。できれば話題になっている曲を聴きながらだと納得感が増える。サイトウキネンは余り聞いたことがないので聴きながら再読したい。音楽CDが愛知県内の図書館でに9カ所もあることを知る。残念ながら近くにない。対談CD(DVD)があるといいかも。

  • はたっぴ さん

    グラミー賞を初受賞した小澤征爾さん。闘病から復帰し、80歳での受賞とのこと。このメモリアルを胸に刻みたくて手に取った。村上さんとの対談ということで楽しみに読み始めたのだが、ただならぬ面白さだった。村上さんによる導入部分と後書きが小説の一節のようで印象深い。そこに小澤氏の音楽熱が相俟って極上の対談集となっている。小澤氏が「○年の○○の演奏が…」と言うと、村上さんがガサゴソと自分の棚を探して魔法のようにそのレコードを取り出すのがおかしかった。村上さんの巧みなインタビューでエピソード満載のお宝本となっている。

  • 扉のこちら側 さん

    初読。2015年1216冊め。もう目次の段階で好きな曲ばかりでそわそわしてしまった。大半は知っている曲の、聴いたことがある指揮者/奏者の話で「そうそう」「そうなのか」等々、楽しんで読めた。高校時代はグールドにはまっていたのを懐かしく思い出した。あの頃は(親のお金で)音響もこだわったなあ。

  • ケイ さん

    単行本を2ヶ月前に読み、今回はCDをBGMにさらっと読むつもりが、結局読み耽ってしまった。今の小澤さんは、エネルギーを自分の活動だけでなく若人の育成にも向ける。指揮者であるからか、グループ相手にだから、さぞかし体力と精力を使われるだろう。それを春樹さんが心を痛めているのがよくわかる。CDの聴き比べは、春樹さんの語ることに注目した。文庫の特典は、2013年の「厚木からの長い道のり」。二人の讃える大西順子さんがもっと活動と仕事を両立できるようにこの本はきっと助けになるはず。最後の写真の春樹さんの顔がいい。

  • ぶんこ さん

    小さな文庫本なのに、大きくて内容の濃い本です。村上さんの、ややマニアックな発言(カタカナ言葉の多用も含めて)に、小澤さんの分かり易いお答えが気持ちよく、最後まで楽しめました。小さな事に拘らない小澤さんの大らかさが、巨匠たちに愛され、世界の小澤になったのかな。村上さんは同じ曲を色々と聴き比べたりされていて、その音楽愛、音楽熱に火傷しそうなくらいの学究肌!小澤さんの話されるエピソードの数々、もっと踏み込んで聞いて欲しかったですが、村上さんの聞きたい事、話したい事が彼の中で溢れてしまっているインタビューでした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品