ゴルフ・シングルになれる人、アベレージで終わる人 幻冬舎新書

小泉十三

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344982574
ISBN 10 : 4344982576
フォーマット
出版社
発行年月
2012年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
222p;18

内容詳細

月イチゴルファーから一念発起、伊藤プロによる目から鱗のレッスンで見事シングルの仲間入りをした小泉氏。だが頑固な悪壁が再び現れ、ハンデ11と9を行き来する泥沼に―。真のシングルには何が必要か?万年アベレージとの違いとは?再び伊藤プロに教えを請い、関東シニア出場を目指す中で、上達の法則を追究したドキュメンタリー教則本。アマチュアが掴めていない“感性”の話から、スイングの違い、スコアメイク術まで、シングルの常識がわかる革新的一冊。

目次 : はじめに シングルになるための条件とは/ 1章 シングルになるために技術より大切なこと/ 2章 シングルとアベレージはスイングのここが違う/ 3章 シングルへの道は、ショートゲームで決まる/ 4章 シングルのスコアメイク術/ 5章 試合にどう臨むか/ 6章 関東シニアに挑戦す

【著者紹介】
小泉十三 : 1956年生まれ。早稲田大学文学部卒業後、出版社に入社し書籍の編集に携わる。独立後、単行本の編集・執筆を精力的に行う

伊藤正治 : 1959年生まれ。アマチュア時代、関東アマ、日本アマで上位に入り、関東オープン、日本オープン出場を果たす。日本大学卒業後、プロテスト合格。91年レギュラーツアー20戦参戦。94年から武蔵グランドゴルフに所属し、“伊藤正治のひらめきゴルフ塾”を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • くものすけ さん

    パット、アプローチの重要性を再認識出来た。パターを新調して1−2メートルのパット練習に専念するつもり。

  • くものすけ さん

    贅沢は言いません。せめて18を目指したい。ボギープレイの積み重ね...

  • MIC さん

    読み物としては面白かった。シングルまではなれなくてもいいけどね

  • クニ さん

    即実行4⁈

  • dell92 さん

    帯には、 『「足の裏」「脇」「両目」の3点が ナイスショットを引き寄せる! ダボを絶対叩かない「1+1」の発想とは?』の言葉。 小泉十三さんの本はフリーの編集や著作をされている方で「頭がいい人の・・・・・・」本の仕掛け人であり、同じく幻冬舎新書のゴルフ本「頭がいい人のゴルフ習慣術」を以前読んだ。 実力やプレー的に似たようなタイプだったので頷ける部分もあったが、それより驚いたのが作者とワシが同い年で同じ大学で同じ学部出身だったということ。学内ですれ違っていた可能性が高い。(笑) まっそ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小泉十三

1956年生まれ。早稲田大学文学部卒業後、出版社に入社し、一般書・実用書の編集に携わる。その後、独立して事務所を構え、単行本や雑誌への執筆活動を精力的に行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品