感傷的な午後の珈琲 河出文庫

小池真理子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309417158
ISBN 10 : 4309417159
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
追加情報
:
240p;16

内容詳細

恋のときめき、愛おしい人たちとの別れ、書くことの神秘―。過ぎ去った「時間」が鮮やかに甦り、記憶の情景が永遠の時を刻む。日々の暮らしを愛で、喜びと哀しみに身をゆだねながら、人は生きていく。軽井沢の日常から見つめた、生と性、そして死の壮大な営み。芳醇な香り漂う極上のエッセイ。文庫版書き下ろし「時間」収録。

目次 : 1 生と性、そして死について(ふいに秋が/ 生と死の営み ほか)/ 2 書くことの神秘(書くことの神秘/ 始まりの一冊『知的悪女のすすめ』 ほか)/ 3 作ること、食べること(おめでたい人間/ 手料理の効果 ほか)/ 4 愛しい生き物たち(昭和の犬猫/ ぬくもり ほか)/ 5 私のハロー・グッドバイ(父の遺品―『沈黙のひと』が生まれるまで/ 少女のように ほか)

【著者紹介】
小池真理子 : 1952年、東京生まれ。成蹊大学文学部卒業。89年「妻の女友達」で日本推理作家協会賞、96年『恋』で直木賞、98年『欲望』で島清恋愛文学賞、2006年『虹の彼方』で柴田錬三郎賞、12年『無花果の森』で芸術選奨文部科学大臣賞、13年『沈黙のひと』で吉川英治文学賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓 さん

    小池さんは、お書きになる文章に魅力がある。流れる水のような感触でありながら、血の熱さと肉の確かさも在り、抒情的でもある。その文章と表現力を、思う存分味わえるエッセイ集が本書。お父様との別れ、震災、軽井沢での日々と、穏やかでときおり苦悩も混じる生活が書かれる。女性として年齢を重ねるのが少し恐怖ではなくなったように感じられ、そして私は小池さんのおっしゃる良い読み手たり得るか考えた。

  • ヒロ姐さん さん

    小池真理子さんの作品は出版を待って殆どを読んできたのでこのエッセイは読んだことへのご褒美のように思えた。流れるようなに綺麗な潔い文章がいつもながら心地いい。真理子さんが影響を受けた本や作家を私もなぞってみたい。幼少の頃の思い出の匂いや両親との関わりは私のそれと同期していて驚いたし嬉しかった。読めない漢字や意味を知らないカタカナ・・いつもなら誤魔化して通り過ぎることもあるけれど真理子さんが伝えたい事は全部解りたいから調べたり書き写し咀嚼しながら読んだ。

  • hoco さん

    小池真理子が編纂した女性作家の随筆集を読み、優れた読み手であると知ってから彼女の小説を読み始めました。そしてこのエッセイを読み、彼女のものごとの捉え方が私のそれとよく似ていることを知り、同志をえたようで嬉しい(小池真理子のほうがだいぶお姉さんです)。これからも、おおいに彼女の小説を読んでいこうと思います。

  • 江藤はるは さん

    性と死は人間の必須科目。

  • 逍遥遊 さん

    143-04-20191209 何故作家は軽井沢に住むの?今回はエッセイだったけど、どのような小説を書くのだろう?夫婦で小説家なんて素晴らしいなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品