小林賢太郎 / 升野英知

人物・団体ページへ

大喜利猿

小林賢太郎 / 升野英知

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309268743
ISBN 10 : 4309268749
フォーマット
出版社
発行年月
2006年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,237p
19cm,237p

商品説明

ラーメンズ・小林賢太郎とバカリズム・升野英知によるシークレットライブ「大喜利猿」の完全書籍化。コバザル・ヒデザルの二人に繰り出される“お題”は?そして彼らの答えは?一部ファンしか知り得なかったライブの全貌が明らかに!

※出版社都合により、発売日・価格・仕様等に関しましては、予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

内容詳細

猿に自慰行為を教えると、死ぬまでやり続けるという。ごくまれに、大喜利をやり続ける猿もいる。そんな猿2匹、コバザルとヒデザルによる公開自慰行為。それが「大喜利猿」である。小林賢太郎(ラーメンズ)と升野英知(バカリズム)の、ネタ本。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あーちゃん♪ さん

    シンプルに絵がうまい(^O^)「ロールシャッハ」公演を見に行った後で、ラーメンズの小林賢太郎さんの本を探して借りてみた。バカリズムの升野英知さんとの共著?だった。イルカが乗った少年に吹いてしまった♪

  • 海恵 ふきる さん

    お二人とも、控えめに言ってもおもしろい。流石。絵も上手いし。

  • notmyKey さん

    最近升野さんに注目している。数年間何者か知ろうともしてなかったというのに(箱を被った人という認識)。小林賢太郎テレビもちょうど視聴済み。だが何故か読む直前まで小林さんでなく片桐さんと升野さんだと思ってた。なんでだ。最初の9ページまで読んだ時点で三回は爆笑。交通事故は一体舞台で何が起きてたのかしら。見てみたい。あとアルセーヌ・ルパンはフランスなんじゃ……イギリスにも来てたよねとかそういう意味合い?

  • 本読み屑人間 さん

    大喜利本で、ここまで絵が使われるのは、結構珍しい。二人とも絵心あるし、所謂シュールを得意とするから、好きな人はかなり気にいるはず。そもそものお題自体がかなりシュールなところを持ってきている。お題ですでに笑ったものもあった。

  • k_jizo さん

    期待したものではなかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品