海を見る人 ハヤカワ文庫JA

小林泰三

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150307974
ISBN 10 : 4150307970
フォーマット
出版社
発行年月
2005年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,389p

内容詳細

「あの年の夏祭りの夜、浜から来た少女カムロミと恋に落ちたわたしは、1年後の再会というあまりにも儚い約束を交わしました。なぜなら浜の1年は、こちらの100年にあたるのですから」―場所によって時間の進行が異なる世界で哀しくも奇妙な恋を描いた表題作、円筒形世界を旅する少年の成長物語「時計の中のレンズ」など、冷徹な論理と奔放な想像力が生み出した驚愕の異世界七景。SF短篇の名手による珠玉の傑作集。

【著者紹介】
小林泰三 : 1962年京都府生まれ。大阪大学基礎工学部卒。1995年、「玩具修理者」が第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞してデビュー。以後『人獣細工』『肉食屋敷』などの作品集で、緻密な論理とグロテスクなイメージを特徴とするSF・ホラー短篇の名手としての評価を確立した。2001年発表の長篇『AΩ』、2002年発表の本書で、日本SF大賞に連続ノミネート(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
SF作品なのですが、物理に長けている人なら...

投稿日:2021/04/25 (日)

SF作品なのですが、物理に長けている人なら、現在の物理法則ではなりたたないある条件が成り立つと仮定される時に想定される環境を想像する思考実験ができるようになっています。

forest さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
「独裁者の掟」が個人的には一番好き。一見...

投稿日:2021/04/24 (土)

「独裁者の掟」が個人的には一番好き。一見ナチスっぽさを演出した帝国・総統とその裏に隠された真実が涙を誘う。最終的に総統がどうなるのかは暗示されているのも悲しい。

hhi さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Akihiko @ VL さん

    小林泰三さん4冊目の読了。科学的な整合性を重視した頭良い人向けの小説だと感じた。私の頭が足りないせいで本来の良さの半分も味わえていない気がするが十分面白かった。表題作の『海を見る人』と『門』が印象深い。特に前者はまさかのラブストーリーで驚いた。同一空間に存在しているのに、時の流れが2人を別つ。逢いに行かないことが愛し続けることを可能にするという矛盾がなんとも儚い。

  • あおでん@やさどく管理人 さん

    物理の知識のある人は計算しながら読めるし、そうでなくてもファンタジーとして楽しめるSF短編集。特に印象に残ったのは最後の2作。表題作「海を見る人」は、読み終わってから鶴田謙二さんの表紙イラストを見ると切なさが増す。梶尾真治さんの「エマノン」シリーズといい、ヒロインの雰囲気を魅力的に描ける方なのだと改めて思った。「門」は、「まさか…?」と思ったことがその通りになって嬉しかった。

  • 絹恵 さん

    物語を見ることで永遠を知ろうとすることが、終わりばかりを予見させるのなら、始まりに触れる術もまた物語に求めるのだと思います。物語という目に見えない思いを汲み取るための技術には、全てを見せようとする科学技術を孕んでいます。この科学という幸福と犠牲を伴った技術によって構築した世界のなかで、人間が振り落とされたとしても、物語だけは永遠を行くのだと思います。なんて幸福なことだろう。なんて淋しいのだろう。

  • 紫伊 さん

    短編集としてもとても面白いのだけど、私が一番好きなのはその合間に挟まれる2人の会話。2人のイメージはワンピースの似合う少女と、落ち着きがありしゅっとしているスーツの似合う男性。それぞれの話の後2人の話す感想が私の感情に寄り添ってくるような隙間に入り込むような感覚でとても響きました。短編はどれも誰かを、何かを想うもので掴んだら消えていくような切なさと美しさがある。個人的に好きなのは「独裁者の掟」「海を見る人」。静かなのに相手への思いが溢れているようなところがとても好きです。

  • おりん さん

    再読。短編集。数学苦手でも楽しめるハードSF。どの話も良い。想像力、空想力を刺激し、その限界ギリギリへと連れて行ってくれる。今までは解説を読んでこなかったが、今回読んで一つ発見があった。SFは計算した方が楽しめるんだな、と認識させられたというか、自力で計算すれば作中に直接的に描かれないラストが見えてくるって仕掛けに唸らされました。解説を読まなければ僕は計算なんてしなかっただろうし、真のラストも知ることは無かったでしょう。SFファンのためのSFって感じで硬派ですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小林泰三

1962年京都府生まれ。大阪大学大学院修了。95年「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞し、デビュー。98年「海を見る人」で第10回SFマガジン読者賞国内部門、2012年『天獄と地国』で第43回星雲賞日本長編部門、14年『アリス殺し』で啓文堂書店文芸書大賞、17年『ウルトラマンF』で第

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品