彼方からの幻影 クトゥルー・ミュトス・ファイルズ

小林泰三

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784798830353
ISBN 10 : 4798830356
フォーマット
出版社
発行年月
2016年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
278p;19

内容詳細

1つのクトゥルー作品をテーマに複数の作家が小説、シナリオ、ゲームブックなどの様々な形で競作するオマージュ・アンソロジー・シリーズ。第13弾は『彼方より』に捧げる。

【著者紹介】
小林泰三 : 「玩具修理者」日本ホラー小説大賞短編賞、「アリス殺し」で2014年啓文堂大賞受賞

羅門祐人 : 作家デビューは角川文庫の『自航惑星ガデュリン』シリーズ。SFや架空戦記を主に執筆

小中千昭 : 「ウルトラマン」シリーズ、アニメにおいてもホラー的要素の強い作品を多く手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • sin さん

    小林泰三:ふた昔前のSF的雰囲気は嫌いじゃないけど、アグレッシブな引き籠りが矛盾…取ってつけたような恋愛の締め括りが余計…作中の現象に対する「幽霊」という表現は“幽体”とか、語られる理論をもとに“慣性体”とか表現したほうが言い訳を省けてしっくりしたのではないか?羅門祐斗:偶々身近にこんな人物がいるなんて都合よすぎるが、物語の展開はスピーディーで楽しめた。小中千昭:セカンドエピソードの雰囲気が良いだけに、終末オチはありきたりで残念…。

  • まっすー さん

    5

  • yusuke_ayano_2 さん

    「此方から」オチは何度も使われて来たものだがアリか。そこへ至るまでとオチてからのバランスで言うと後をもう少し長く引っ張っても良かったのでは。一冊分の長編でも耐えうる素材だったのではなかろうか。 「からくりの箱」「彼方より」と言うより「ヘル・レイザー」 か。二人、いや、三人の今後の活躍に期待したい。(あるのか?) 「Far From Beyond」「彼方からの幻影」「彼方より」を台本形式にして、その後の展開を追加している。日本での話は不要、若しくはもっと掘り下げた方がよかったかも知れない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小林泰三

1962年、京都府生まれ。大阪大学大学院修了。95年「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞し、デビュー。98年「海を見る人」が第10回SFマガジン読者賞(国内部門)を受賞し、同短編を表題作とした2002年刊の短編集は、第22回日本SF大賞候補作となった『AΩ(アルファ・オメガ)』に続き

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品