先生、大蛇が図書館をうろついています! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学

小林朋道

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784806715986
ISBN 10 : 4806715980
フォーマット
出版社
発行年月
2020年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
184p;19

内容詳細

コウモリは洞窟の中で寝る位置をめぐって争い、ヤギ部のヤギ・クルミがリーダーシップを発揮し、森のアカハライモリは台風で行方不明に!自然豊かな大学を舞台に起こる動物と人間をめぐる事件の数々を人間動物行動学の視点で描く。

目次 : ヘビ好きの二人のゼミ学生の話/ ニホンモモンガはテンを大変怖がる!―テンはモモンガの巣箱に出入り穴を齧ってなかに侵入するのかもしれない/ Ktくんはニホンアナグマの研究をしている―社会性に富んだ動物なんだよね/ ユビナガコウモリはぶら下がって休息するとき、優位個体が劣位個体の背後に乗る!?―コウモリの群れのなかでの個体間関係って、ほとんど知られていないのだ/ 大学のノベルティ(記念品)とモモンガグッズ―Nkさんの技術には、イヤ、驚いた!感心した!/ ホバとの出合いを思い出させてくれた鳥との出合い―別れはまったく違っていたけど/ 鳥取環境大学のヤギの群れのリーダーは…―群れの内部構造の秩序に踏みこむ一歩、みたいな

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • oldman獺祭魚翁 さん

    献本 以前から気になっていた「先生シリーズ」の献本が当たったので読んでみた。いやぁ思っていた通り面白い。しかし、アオダイショウやアナグマ、モモンガやユビナガコウモリ、その生態は動物好きには面白くてもお金には成らなそうな学問ばかりです。イヤイヤ真の文化はこういう研究から生まれるものでしょう。悪く言えば学生の研究をネタにして本を書き、印税を稼いでいるように見えますが、これだけの設備など、手作りが多くても、費用は馬鹿になりませんよね。嵌まったのでシリーズの他の本にも手を出しそう。小林先生頑張って下さい。

  • あいら さん

    ヘビが苦手なので、ヘビの写真があるであろうページは恐る恐る深呼吸しながら開くのですが、最初忘れててギャッ‼となるのがこのシリーズのお約束です(笑) 今回自分の反応で発見したのは、心を落ち着けて、ギャッ‼とならない状態でページを開いたとしても、ヘビが出ているページを読んでいると異様に手に汗握りしめていた、と言うことでした。 恐らく自覚はないけど、ものすごく緊張して、一刻も早くヘビのいないページに移りたいと願っているんでしょう。 次巻、モモンガの子育て話がとても楽しみです。

  • おんま さん

    またまたやってきました。公立鳥取環境大学の小林先生の本です。先生の人柄もさることながら、この大学には生き物好きの楽しい学生たちが集まっている。 今回も、アオダイショウの登攀行動のメカニズムを調べるために、ヘビ部屋を作った学生、ニホンアナグマを通して、害獣と共存する施設を作ろうとする学生、そして、ヤギを研究するためにその行動を数値化する学生。その学生たちの先頭に立って、「私くらいの動物行動学者にかかると…」自分の存在を皆に印象付けることを忘れない小林先生。何という楽しい大学だ。私も若ければ行きたかった。

  • むっちん さん

    先生の大学での様子が面白くわかりやい。この本を読んで、大学の学びの楽しさを子供たちにもっと知って欲しい。

  • 林田力 さん

    本書は蛇という一般に好かれない動物の話題から始まる。一方で愛らしいモモンガは大学のノベルティになっている。著者は等しく動物愛を持っていると思われるが、動物に対する世の中の評価のギャップをどう思うのだろうか。一方で霊長類は本能的に蛇を怖がる習性があるとの指摘がある(42頁)。蛇を怖がることも動物の性と受け止めているのだろうか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小林朋道

動物行動学者。公立鳥取環境大学環境学部学部長・教授。ヒトを含むさまざまな動物について、動物行動学の視点で研究している

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」 今読まれている、新型コロナウイルス・感染症関する本。ベストセラー/医学系専門書/文芸・新書などをご紹介。 |2020年05月11日 (月) 11:30
    【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」
  • 【特集】医学・看護・薬学専門書籍 イヤー・ノート、クエバン、今日の治療薬など、医学・薬学・看護系を目指すのに欠かせない、医学・医療系専門書をご紹介。 |2020年04月09日 (木) 00:00
    【特集】医学・看護・薬学専門書籍
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』

おすすめの商品